HOME > 合格者の声 > 亀山 潤一 氏(OSS-DB Gold 認定者)

合格者の声

「知識 + 理解力」が問われるOSS-DB認定試験は極めて実践的

亀山 潤一 (OSS-DB Gold 認定者)
大日本印刷株式会社 C&I事業部 ITサービスマネジメント部

今回は、大日本印刷株式会社(DNP)のC&I事業部でデータベーススペシャリストとしてご活躍されており、OSS-DB Goldの取得者でもある亀山潤一様にデータベースとの出会い、またOSS-DB Goldの重要性、今後取得を目指される方へのアドバイスをお伺いいたしました。

01|業務プロセス支援ソリューションのアプリケーションテスト担当

私は、今年で入社16年目になります。私が最初に配属されたのは、本社のC&I総合企画開発本部です。この本部では従来のアナログ印刷だけでなく、当時データベース技術を中心としたデジタル化やネットワーク化に取り組んでおり、印刷技術と情報技術を融合させた各種ソリューションを社内およびお客様に提供している部門でした。私は、商品情報統合データベースシステムを核とした業務プロセス支援ソリューション「DYNAGALAXY」開発チームのアプリケーションテストを担当しました。ところが、アプリケーションテストでは、データベースの部分が非常に見えづらく、それが課題となっていました。しかも、性能問題などの改善に実際に取り組んでいるうち、データベース管理システムをうまく設計してチューニングすればレスポンスが早くなることもわかってきました。そこで、当時の上司から、データベースについて専門的に取り組んでみないかという勧めがあり、それがデータベースに深く関わるきっかけでした。

最初に使い始めたのはOracleでした。これまで培ったデータベース管理システムの設計や構築技術や性能改善する技術を自社内および、他社様へ提供するサービスとして「DB性能診断サービス」のチームを作りました。

それから10年経って、お客様のシステム、さらには海外のデータベースシステムとは、どういうものなのか、また、海外のデータベースエンジニアというのはどういう人たちなのかを知りたくなり、C&I事業部の中のBPR本部(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング本部)に異動しました。そこでは、企業が戦略的マーケティングを実現するPIMソリューション「Pro-V(プロ・ファイブ)」の大規模システム導入経験に加えデータベースを中心とした部下の育成も経験しています。

02|コストの観点から商用では厳しい

その後、研究開発の立場からデータベースシステムに携わり、お客様のデータセンターを知っていて、また、海外のエンジニアとコミュニケーションしてきたという経緯から、現在のITサービスマネジメント部に配属されました。

ここは、インフラの基盤技術部隊が集中している部署です。それまでの14年間、エンタープライズシステム分野でOracleを使っていたので、ITサービスマネジメント部でも、当然商用DBを使っているのだろうと思っていました。ところが、実際に異動してみると、イニシャルコストコストを削減するために価格メリットを出せる提案を本部にしなければならない立場にあり、商用では厳しいということが分かりました。そこで上司から「今、注力しているPostgreSQLを「運用」の部分からやってみてくれないか」といわれたのがOSS-DBに携わるようになったきっかけでした。

ページトップへ