HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Goldの例題解説「障害対応」 > 破損クラスタ復旧

Goldの例題解説「障害対応 - 破損クラスタ復旧」

今回は、Goldの「障害対応 - 破損クラスタ復旧」からの出題です。

例題

操作ミスによってリレーションが消失することを想定した対策または復旧を行う 際に、実施すべき内容として正しいものを全て選択しなさい。
  1. A. ミラーリングによって、ディスクの複製を作成しておく。
  2. B. pg_basebackupによって、定期的に論理バックアップを取得しておく。
  3. C. PITRによって、操作ミス直前の時間まで巻き戻しを行う。
  4. D. pg_dumpallによって、操作ミス直前の時間まで巻き戻しを行う。
  5. E. wal_levelをminimalからhot_standbyに変更しておく。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

A.ディスクのミラーリングでは操作ミスを修復することはできません。
B.pg_basebackupでは論理バックアップを取得することができません。
C.正解です。
D.pg_dumpallでは時間を指定した復旧を行うことはできません。
E.正解です。archiveやlogicalでもアーカイブ・リカバリを行うことができます。

従って、正解はC,Eです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。
  • 例題解説の提供:LPI-Japanビジネスパートナー 株式会社メトロシステムズ OSS-DB Gold 認定者 岡野 慎也 氏

ページトップへ