PREPARATION
受験対策

Goldの例題解説「運用管理 - データベースサーバーの構築」

今回は、Goldの「運用管理 - データベースサーバーの構築」からの出題です。

例題

1.01

以下のSQL分でテーブルを定義し、50万行を挿入する。
CREATE TABLE registration (
id BIGINT PRIMARY KEY,
reg_event INTEGER NOT NULL,
reg_client INTEGER NOT NULL,
reg_date TIMESTAMP NOT NULL
);

テーブルのファイルサイズ見積りとして最も適切なものを1つ選びなさい。
1ブロックは8192バイトとし、インデックスのファイルサイズは含めないものとする。

A. 5メガバイト

B. 15メガバイト

C. 25メガバイト

D. 40メガバイト

E. 60メガバイト

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

1行のサイズを見積もるには、固定サイズのヘッダ(データに依存するが約28バイト)に各カラムのデータのサイズを足すことになります。
BIGINTとTIMESTAMPは8バイト、INTEGERは4バイトなので、本問の場合、1行のサイズは28+8+4+4+8=52バイトとなります。
1つのブロックに入る行数は、ブロックサイズからブロックヘッダのサイズを引いた後で、行サイズ割り算をすれば求められます。
ブロックヘッダのサイズは24バイトなので、1ブロックには、(8192-24)/52=157(小数点以下切り捨て)行のデータが入ります。
50万行ですから、500000/157=3185(小数点以下切り上げ)個のブロックが必要です。
従ってファイルサイズは8192*3185=26091520バイトとなります。

正解は C です。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格