PREPARATION
受験対策

Goldの例題解説「運用管理 - ホットスタンバイ運用」

今回は、Goldの「運用管理 - ホットスタンバイ運用」からの出題です。

例題

1.06

2台のサーバ(プライマリサーバ、スタンバイサーバ)でストリーミングレプリケーションを行い、スタンバイサーバをホットスタンバイとして運用する。
この環境を構築する際に各サーバで設定するパラメータとして誤っているものを1つ選びなさい。

A. プライマリサーバのpg_hba.confに、データベースフィールドを"replication"と指定した項目を設定する

B. プライマリサーバのpostgresql.confに、"wal_level = hot_standby"を設定する

C. スタンバイサーバのpostgresql.confに、"hot_standby = on"を設定する

D. スタンバイサーバのpostgresql.confに、"standby_mode = 'on'"を設定する

E. スタンバイサーバのrecovery.confの"primary_conninfo"に、プライマリサーバへの接続情報(libpq接続文字列)を設定する

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

PostgreSQLのストリーミングレプリケーション、ホットスタンバイを実現するためには多くのパラメータを設定する必要があります。
特に、どのサーバで、どの設定を、どのような値に設定するかを理解しておくと、試験のみでなく業務でも役に立ちます。

ここでは、ストリーミングレプリケーションのための設定とホットスタンバイのための設定を、それぞれに分けて解説します。
なお、ここでは、ストリーミングレプリケーションとホットスタンバイのそれぞれについての基本設定を解説します。

ストリーミングレプリケーションのための設定

ストリーミングレプリケーションを行うための最低限の設定を示します。
なお、外部からの接続を受け付けるための設定(listen_addressesなど)は割愛しています。

プライマリサーバでの設定

  • postgresql.confのmax_wal_sendersに十分大きな値を設定
  • postgresql.confのwal_levelをarchiveに設定
  • postgresql.confのarchive_modeをonに設定
  • postgresql.confのarchive_commandでWALのアーカイブ先を設定
  • pg_hba.confに、データベースフィールドを"replication"と指定した項目を設定【選択肢Aに該当】

スタンバイサーバでの設定

  • recovery.confのstandby_modeをonに設定【選択肢Dと異なる】
  • recovery.confのprimary_conninfoにプライマリサーバへの接続情報(libpq接続文字列)を設定【選択肢Eに該当】
  • recovery.confのrestore_commandでアーカイブWALの取得元を設定

ホットスタンバイのための設定

上記ストリーミングレプリケーションの設定を以下のように修正・追加し、ストリーミングレプリケーションでホットスタンバイを行えます。

プライマリサーバでの設定

  • postgresql.confのwal_levelをhot_standbyに設定【選択肢Bに該当】

スタンバイサーバでの設定

  • postgresql.confのhot_standbyをonに設定【選択肢Cに該当】

選択肢Dは、スタンバイサーバのpostgresql.confに"standby_mode = 'on'"を設定しているため誤りです。スタンバイサーバのrecovery.confに設定します。
これ以外の選択肢A, B, C, Eは正しいです。

正解は D です。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格