PREPARATION
受験対策

Goldの例題解説「運用管理 - ホット・スタンバイ運用」

今回は、Goldの「運用管理 - ホット・スタンバイ運用」からの出題です。

例題

1.20

レプリケーション構成において、フェールオーバを実施する方法として正しいものは次のうちどれか。

  1. スレーブ側でrecovery.confのtrigger_fileパラメータで設定したトリガファイルを作成する
  2. マスタ側でrecovery.confのtrigger_fileパラメータで設定したトリガファイルを作成する

  3. postgresql.confで自動フェールオーバの設定をする

  4. pg_ctl promoteコマンドを実行する

  5. pg_hba.confの第2列目に、下記のようにレプリケーションの設定をする
    host    replication    postgres    192.168.1.2/32    trust

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

例題公開日:2019年5月15日

解答と解説

正解は「A. スレーブ側でrecovery.confのtrigger_fileパラメータで設定したトリガファイルを作成する」と「D. pg_ctl promoteコマンドを実行する」です。

レプリケーション構成で、フェールオーバを実施する場合は、スレーブ側でrecovery.confの'trigger_file'パラメータで設定したファイルを作成します。
ファイルの内容は挙動に影響を与えないので、touchコマンドなどで空のファイルを作成するだけでフェールオーバ可能です。

例: trigger_fileに '/tmp/trigger.file' を指定した場合
$ touch /tmp/trigger.file

また、pg_ctl promoteコマンドでもフェールオーバは可能です。
pg_ctl promoteコマンドは、Version9.1から使用可能です。

それぞれの選択肢について説明します。

A. スレーブ側でrecovery.confのtrigger_fileパラメータで設定したトリガファイルを作成する
正解です。

B. マスタ側でrecovery.confのtrigger_fileパラメータで設定したトリガファイルを作成する
誤っています。
レプリケーション構成で、フェールオーバを実施する場合は、スレーブ側でrecovery.confの'trigger_file'パラメータで設定したファイルを作成します。

C. postgresql.confで自動フェールオーバの設定をする
誤っています。
PostgreSQLには「自動フェールオーバ」の設定や機能はありません。

D. pg_ctl promoteコマンドを実行する
正解です。

E. pg_hba.confの第2列目に、下記のようにレプリケーションの設定をする
host    replication    postgres    192.168.1.2/32    trust

誤っています。
レプリケーションの設定をしただけでは、フェールオーバはできせん。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

例題解説の提供:株式会社デージーネット OSS研究室 奥原 章太 氏

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格