HOME > 合格者の声 > 王 婷 氏(OSS-DB Silver 認定者)

合格者の声

育児休業からの復帰で決意したOSS-DB取得、忙しいからこそがんばれる

王 婷 (OSS-DB Silver 認定者)
株式会社 神戸デジタル・ラボ ICT事業部 WEBソリューション部

01|育児休業からの復帰で決意したOSS-DB取得、忙しいからこそがんばれる

私は大学までは故郷である中国で勉強していて、2005年にインターンシップ生として神戸デジタル・ラボに来ました。その後2年間インターンとして働く中、実務経験もなく、日本語もうまく話せなかった私をKDLの皆さんがバックアップしてくださいました。会社が居住から日本語学校の手配までしてくださり、公私にわたって日本での生活と仕事を支えてくれました。そうしていく中で、私はこの会社で皆さんと続けて働きたいと強く思うようになって進路を決め、2008年から正社員として働くことになりました。

私は2013年の5月末にOSS-DB Silverの認定を取ったのですが、その背景には、産休(出産)→育休→職場復帰がありました。休暇期間はトータルで1年ほどになりました。
職場に復帰したときは、やはりブランクがあり悩みました。周りの方ががんばっている姿を見たときに「私もがんばらなきゃいけない」と思ったのですが、どう頑張ればよいのか、すぐに思いつきませんでした。そんな時、会社の人事制度である、毎月の教育面談の場で、色々と相談にのってもらいました。結果、将来像を思い描きながらどのように進んでいくかを決めることができました。
そこで、まずは、仕事にも活かせ、自分の勉強にもなる資格を取得しようと決意しました。業務でデータベースの知識が必要だと感じていましたので、それに最も適した資格であるOSS-DB技術者認定試験にチャレンジしよう!と思ったのが受験のきっかけです。

−合格までの勉強期間はどれくらい取りましたか?

思い立ってから合格まで1ヶ月でした。勉強で大変だったのは、SQLを扱う経験はありましたが、基本知識がどうしても少なく、設計などに関しての知識を学ぶことが大変でした。大学でも学んだことのある内容だったのですが、実際に使う経験がなかったのでだいぶ忘れてしまっていました。でもこの試験がきっかけで昔学んだことも思い出すことができました。
勉強にはインプレス社の「OSS-DB問題集」などを使いましたが、日本で受ける試験は日本語の教材しかないので、そこも苦労したところです。他にもLPI-JapanのWEBサイトに掲載されている、サンプル問題やメルマガの「OSS-DB通信」に掲載されている、例題解説を活用しました。私の苦手なところは正規表現のところなんですが、そこは特に力を入れて勉強しました。とにかく苦手なところを繰り返してやることで覚えました。

−合格後、仕事などでの変化はありましたか?

資格を取得してみて、自分自身が仕事に対して今までよりも積極的に向き合えるようになりました。今の案件でもデータベースの定義などを担当しています。苦手を克服して合格したということで自分の仕事に対して自信がつきました。
ほかにも基本情報処理と応用情報処理、Ruby技術者認定、Zend PHP 5.3認定を取得していますが、次の資格取得目標は、HTML5プロフェッショナル認定を取りたいと思っています。
実際に今の仕事でもHTML5を使っていますので、今後のためにもぜひ挑戦したいと思い、仕事をしながら勉強しています。
OSS-DB技術者認定試験を受けたときも子育てと仕事、受験で大変でしたが、とても充実していました。新しいことを学びながら資格という形でその勉強の成果を手にできるということは、とてもやりがいがあります。そうなると忙しくても仕事が楽しく感じますね。

ページトップへ