HOME > プレスリリース > 富士通とLPI-Japan、「PostgreSQL」技術者育成におけるパートナーシップを締結
〜 「富士通ミドルウェアマスター」にLPI-Japanの「OSS-DB技術者認定試験」を採用 〜

富士通とLPI-Japan、「PostgreSQL」技術者育成におけるパートナーシップを締結
〜 「富士通ミドルウェアマスター」にLPI-Japanの「OSS-DB技術者認定試験」を採用 〜

プレスリリースUpdate:2017.3.31
Yahoo!ブックマークに登録

 富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也、以下、富士通)と、特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(本部:東京都港区、理事長:成井弦、以下、LPI-Japan)は、このたび、業務システムにおいて採用が進んでいるオープンソースソフトウェア(以下、OSS)のデータベースの一つである「PostgreSQL(注1)」の技術者育成に向けてパートナーシップを締結しました。
LPI-Japanは、OSS/LinuxなどのIT技術者の技術力の認定制度を中立公正な立場で運営するNPO法人です。富士通は、LPI-Japanと連携し、富士通のミドルウェア関連の技術者認定制度「富士通ミドルウェアマスター」の資格試験の一部に、基準のRDBMS(注2)として「PostgreSQL」を採用しているLPI-Japanの「OSS-DB技術者認定試験 Silver(以下、OSS-DB Exam Silver)」を取り入れ、4月1日より試験の申し込みを開始します。
今回の連携により、「OSS-DB Exam Silver」に合格することで、「富士通ミドルウェアマスター」の一つとして「PostgreSQL」の導入・運用が可能な技術者を認定する新しい資格「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard」とLPI-Japanの「OSS-DB Silver」の2つの資格を同時に取得することが可能になります。
  富士通とLPI-Japanは、本連携を通じて双方の資格認定者を増加させることで、ニーズが高まるOSSデータベース技術者の技術力向上に貢献していきます。

PDF版のプレスリリースはこちら

富士通株式会社のプレスリリースURLはこちら
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/03/31-1.html

背景

近年、デジタル革新を実現するSoE(注3)領域に向けて、企業のIT投資が業務効率化から事業拡大のための投資へと移り、今までの事業モデルが大きく変わってきています。こうした中、インターネットを通じて取り扱うデータ量は急速に拡大しており、OSSデータベースの活用が拡大しています。OSSデータベースの中でも「PostgreSQL」は、多くの企業において採用が進む一方で、導入や運用が可能な専門技術者が不足しているため、その育成が急務となっています。
 このような課題に対応するため、富士通とLPI-Japanは、富士通の提供する「富士通ミドルウェアマスター」にLPI-Japanの「OSS-DB Exam Silver」を採用し、双方の資格認定者の増加によって「PostgreSQL」技術者のスキル向上や活躍の場の拡大を目指します。

概要

1.富士通のミドルウェア技術者認定資格 「富士通ミドルウェアマスター」について

「富士通ミドルウェアマスター」は、富士通のミドルウェア製品を扱う技術者を対象に様々な試験を実施することで、その合格者に対し富士通が資格を認定する制度で、「データベース」、「アプリケーション基盤」、「運用管理」、「セキュリティ」、「クラウド」、「モバイル」、「セールス」の7分野の資格があります。富士通のミドルウェアの構築・運用に必要なスキル・技術力向上の推進を目的に2002年より認定を開始し、現在約4万人の認定者を輩出しています。 今回、「富士通ミドルウェアマスター」の「データベース」の資格試験に、LPI-Japanの「OSS-DB Exam Silver」を採用し、以下の資格を新設します。

(1) 「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Standard」
   資格取得条件:「OSS-DB Exam Silver」の合格
   認定者:「PostgreSQL」を基にシステムの設計・開発・導入・運用が可能な技術者

(2) 「FUJITSU Certified Middleware Professional データベース Enterprise」
資格取得条件:「OSS-DB Exam Silver」の合格+富士通のe-learning受講
認定者:「PostgreSQL」に富士通の技術を組み込み設計・開発・導入・運用ができる技術者

「富士通ミドルウェアマスター」の「データベース」体系図

2.LPI-Japan の「OSS-DB技術者認定試験」について

OSS-DB技術者認定試験

本認定試験は、LPI-Japanが2011年7月1日より実施している、OSSデータベースに関する技術力と知識を、公平かつ厳正に中立的な立場で認定するIT技術者認定試験です。本試験は、「PostgreSQL」を基準のRDBMS(注2)として採用しています。
「PostgreSQL」の基本的な設計・開発・導入・運用ができる技術者を認定する「OSS-DB Exam Silver」、「PostgreSQL」を用いた大規模なデータベースシステムの改善・運用管理・コンサルティングが可能な技術者を認定する「OSS-DB Exam Gold」の2種類の試験があり、OSS-DB Exam Silverに合格することによって「OSS-DB Silver」、さらにOSS-DB Exam Goldに合格することによって「OSS-DB Gold」の資格を取得できます。

    

(注1)PostgreSQL:カリフォルニア大学バークレー校で開発されたデータベースシステム「POSTGRES」を元に、PostgreSQL Global Development Groupによって開発・維持されているBSDライセンスによるOSSのデータベース。

(注2)RDBMS:Relational Database Management Systemの略。リレーショナルデータベースを管理するためのソフトウェアの 総称。

(注3)SoE:System of Engagementの略。お客様のビジネスプロセス革新や新ビジネス創造などのデジタル革新を実現 するシステム。

今後の展開

富士通は、本連携を通じて「PostgreSQL」技術者の育成を強化し、富士通グループ全体で、2018年3月末までに「OSS-DB Exam Silver」の合格者が1,000名規模に増えることを見込んでいます。
富士通とLPI-Japanは、今後も「PostgreSQL」を始めとしたOSSの技術開発やその普及に取り組み、OSSの発展に貢献していきます。

登録商標

記載されている製品名などの固有名詞は、各法人の商標または登録商標です。

関連リンク

・「富士通ミドルウェアマスター」について:http://www.fujitsu.com/jp/products/software/resources/mwmaster/

・デジタル革新を支えるOSSデータベース新製品「Enterprise Postgres」を販売開始(2016年11月11日 富士通プレスリリース):http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/11/11.html

・LPI-JapanのOSS-DB 技術者認定試験について:http://oss-db.jp/

本リリースのお問い合わせ先

報道関係者お問い合わせ先
LPI-Japan 広報担当(担当:井戸田) 03-3568-4482(電話)
本件に関するお問い合わせ
富士通コンタクトライン(総合窓口) 0120-933-200(電話)
※9時〜17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)
LPI-Japan 事務局(担当:和田) 03-3568-4482(電話)
03-3568-4483(FAX)
press@lpi.or.jp(Email)
※9時〜17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

LPI-Japanについて

LPI-Japan は、日本での Linux の技術力認定試験の普及と IT プロフェッショナルの育成のため 2000 年 7 月に設立され、現在は対象を広げ OSS のデータベースソフトウェアやクラウドソフトウェア、HTML5 のプロフェッショナルの認定試験を実施する NPO 法人です。
LPI-Japan は、IT プロフェッショナルの技術力の認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営すること を通じて、日本における IT プロフェッショナルの育成、さらには OSS/HTML5 に関連するビジネスの促進に寄 与する活動を展開しています。

LPI-Japanの概要

法人名 特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン
所在地 〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-91BPRプレイス神谷町 7F
連絡先 TEL:03-3568-4482、FAX:03-3568-4483、e-mail:info@lpi.or.jp
設立 2000年(平成12年)7月28日
業務内容 IT プロフェッショナルの認定活動と OSS/HTML5 の普及・推進
役員 理事長 成井 弦
理事
(所属企業名五十音順)
鈴木 敦夫 NECソリューションイノベータ株式会社
高橋 千恵子 日本電気株式会社
鈴木 友峰 株式会社日立製作所
橋本 尚 株式会社日立製作所
福地 正夫 富士通株式会社
中野 正彦 ミラクル・リナックス株式会社
丸茂 晴晃 横河電機株式会社
池田 秀一 アイティメーカーズ株式会社
監事
寺本 振透 九州大学 大学院法学研究院教授
LPI-Japan プラチナ・スポンサー企業名 株式会社アイエスエフネット
株式会社アウトソーシング・システム・コンサルティング
NECソフト株式会社
株式会社エンベックス
株式会社ケンソフト
株式会社GOSPA
株式会社コンピュータマネジメント
Citrix社
株式会社ゼウス・エンタープライズ
株式会社ソルクレオ
株式会社デージーネット
日本SGI株式会社
日本電気株式会社
株式会社日立製作所
株式会社HTKエンジニアリング
株式会社Ping-t
富士通株式会社
ミラクル・リナックス株式会社
株式会社リーディング・エッジ社
リナックスアカデミー
株式会社リンク

以上21社。(2017年3月31日現在)
※五十音順
LPI-Japan OSS-DBアカデミック認定校 株式会社リナックスアカデミー
SRA OSS, Inc. 日本支社
株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー
NECマネジメントパートナー株式会社
株式会社NGN-SF
学校法人電子学園 日本電子専門学校
株式会社アシスト
NTTソフトウェア株式会社
麻生情報ビジネス専門学校

以上9社。(2017年3月31日現在)
※加入順

ページトップへ