「SQLこわい」から飛躍

チーム内で若手初の

  

OSS-DB Silver合格

DBのスペシャリスト目指す

OSS-DB Silver合格者
株式会社OKIソフトウェア
ITシステム第二グループ システム第二部

伊佐間 淳哉 氏

伊佐間 淳哉さんは社内情報システムの展開、保守、サポートをしています。2018年10月にOSS-DB Silverに合格。チーム内の若手では初の合格者となりました。将来は「データベースで困ったら伊佐間に、と呼ばれるようになりたい」と話しています。

「公共の仕事がしたい」OKIソフトウェアへ

学生時代に情報系を専攻していた伊佐間さん。就活で「公共の仕事に携わることができるITの会社」を探し、交通や自治体に関わる事業も手がけるOKIソフトウェアに就職しました。入社後は社内情報システムの担当となり、新機能の展開、システムの運用保守、時にはユーザーサポートの一環で技術的な問い合わせに対応することもあります。今では入社4年目。OSS-DB Silverを取得したこともあり、後輩から頼られる存在になってきました。

PostgreSQLを使うプロジェクトも何度か経験しています。最近、市販の開発ツールとPostgreSQLを使う新しいプロジェクトが始まったばかりなのだとか。「社内情報システム担当なので、クライアントは社内にいます。新機能を展開すると『これ、いいね』など、すぐに手応えを感じられるところが面白いです」と伊佐間さん。

最初にデータベースに触れたのは新人の時でした。まだSQLの操作に慣れない時、「delete」コマンドの指定を間違えて、データが全て消えてしまったことがありました。練習用の環境で業務に支障なかったものの、伊佐間さんは「せっかく準備したデータが消えてしまい、最初は『SQLこわい』と思いました。それ以来、慎重に操作するようになりました」と苦笑いしながら言います。

過去の業務では、ExcelのデータとAccessのデータを合体させる必要がありました。件数は10万件ほど。Excelでは「パソコンが固まりそう」でした。しかしリレーショナルデータベースで「JOIN」を使えばデータを統合できて「データベースだと効率的」と実感したそうです。

試験勉強を通じて実際にどうVACUUMが働くかを知る

伊佐間さんがOSS-DB Silverに挑戦したのは2018年、エンジニア2年目の年でした。PostgreSQLを使う案件を経験し、「データベースのことをもっと知りたい」と思うようになっていたところでした。OKIソフトウェアではベンダー試験に2つ合格するのが目標となっていたこともあり、伊佐間さんが「(目標にする)試験はどれがいいかな」と探したところ、OSS-DBがぴったりだと気づきました。

OSS-DB Silverに挑戦することを決めてから約2ヶ月間、就業後の約1時間を受験勉強に費やしました。まずは公式の対策本を熟読し、後に実機でコマンドを入力するなど、手を動かしながら理解を深めて行きました。上司の許可を得て、実験用の端末を使いました。伊佐間さんは「黙々と1人で勉強していました。たまに『がんばってるな!』と周囲が励ましの声をかけてくれました」と言います。

実機で手を動かすことで理解が広がり、深まりました。例えばVACUUM。伊佐間さんが最初に携わったPostgreSQLのプロジェクトでは都度フルバックアップするのみで、VACUUMする必要はありませんでした。試験勉強を通じてVACUUMを知り、実際に試すことでデータベースの仕組みがよく理解できたそうです。

試験はコンピュータベーストテスト(CBT)なので、試験センターにある端末で受験します。試験終了のボタンを押すときは「無茶苦茶どきどきしました」と伊佐間さん。結果は見事一回目の受験で合格でした。「よかったです!」と、当時のことを伊佐間さんは笑顔で話します。

データベースに自信が持てて、後輩に「やってみようか」と背中を押す立場に

OSS-DB Silverに合格すると、まず上司に報告に行きました。上司は「そうか!よかったな!」と大喜びしてくれたそうです。その声は部屋中に響き渡るほど大きく、ビジネスユニット長にも伝わり、伊佐間さんは恥ずかしさと喜びをかみしめました。

OKIソフトウェアではOSS-DB合格者が多くいますが、伊佐間さんのチームでは伊佐間さんが若手のなかでは初の合格者でした。そのため伊佐間さんの合格がきっかけとなり、周囲がOSS-DB試験に関心を持つようになりました。今では伊佐間さんは新人や後輩に「OSS-DB試験、受けてみようか」と背中を押しています。

合格して伊佐間さんはデータベースについて自信が持てるようになりました。最初に手がけたデータベースの案件はデータをバックアップする仕組みを構築するだけでしたが、OSS-DB Silver合格後は「今度はデータベースの定義からやってみようか」と、より高度な仕事を任されるようになりました。試験挑戦を通じて仕事で着々と成長しています。

伊佐間さんは「今はまだまだですが、将来は『データベースで困ったら伊佐間に』と思われる存在になれるように、データベースのスペシャリストを目指していきたいです」と話しています。まずは次のステップとしてOSS-DB Goldを目指します。

伊佐間さんからのメッセージ

気軽に触り、インストールできるのがOSSのよいところです。PostgreSQLではそうした環境が整っています。受験対策では図書だけではなく、触りながら学習すると、自分の中に落とし込めるし、合格の近道になると思います

人財育成担当 企画室
担当部長 馬場 圭司 氏

OKIソフトウェアでは「お客様から信頼されるプロフェッショナル集団」を目指しており、「人財」には特に力を入れています。エンジニアには入社2年目までに基本情報技術者試験や、2つのベンダー試験に合格することを目標としてもらっています。約7割のエンジニアがクリアしています。ベンダー試験や各種資格試験として認定しているのは約230種類ほどあり、OSS-DBとLinuCは重点資格と位置づけています。会社からの教材提供や模擬試験受験などの支援、資格取得報奨金制度があり、資格試験に合格すると報奨金がもらえます。ほかにも人財育成施策としてエキスパート制度があり、Web、セキュリティ、仮想化、データベースなどの分野で高い技術力を持つエンジニアはスペシャリストとして認定しています。

 伊佐間さんの職場のように自由に使える実験環境があると、技術が身に着き資格試験にも合格しやすいと思います。他の職場では、ワーキング・グループを作って新しい技術の調査や情報収集をしたり、職場内で勉強会をしたりしています。伊佐間さんにはそういった活動にも参加するなどして、さらに技術力を磨いてOSS-DB Gold合格を目指して欲しいですね。

他の OSS-DB Silver 合格者の声

伊佐間 淳哉 氏 株式会社OKIソフトウェア

『「SQLこわい」から飛躍 チーム内で若手初のOSS-DB Silver合格 DBのスペシャリスト目指す』

出利葉 健 氏 富士通株式会社

『業務でコミュニティ貢献 パッチレビューや機能提案も。あこがれはコミッター』

王 婷 氏 株式会社神戸デジタル・ラボ

『育児休業からの復帰で決意したOSS-DB取得、忙しいからこそがんばれる』

小井戸 優香 氏 株式会社ヒューマンインタラクティブテクノロジー

『OSS-DB Silverに認定されて、システムソリューションコンサルタントとしての信頼度が高まりました。』

松添 隆康 氏 関電システムソリューションズ株式会社

『DBOnline記事「「ダメ!ムリ!」からが勝負!関西のPostgreSQLエバンジェリスト」』

豊田 健次 氏 株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー

『OSS-DBは今最もホットな試験 今後は認定コース講師として合格者を多く輩出していきたい』

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan Platinum Sponsors

  • 株式会社リンク
  • Citrix社
  • 株式会社コンピュータマネジメント
  • サイバートラスト株式会社
  • 株式会社デージーネット
  • 株式会社エンベックス
  • 富士通株式会社
  • 株式会社GOSPA
  • 株式会社日立製作所
  • 株式会社HTKエンジニアリング
  • 株式会社アイエスエフネット
  • KENスクール
  • 株式会社リーディング・エッジ社
  • リナックスアカデミー
  • 日本電気株式会社
  • NECソリューションイノベータ株式会社
  • 株式会社アウトソーシングテクノロジー
  • 株式会社Ping-t
  • 株式会社ソルクレオ
  • 株式会社ゼウス・エンタープライズ

関連資格