HOME > 合格者の声

合格者の声

OSS-DB Silverの合格者の声

 

OSS-DB Goldの合格者の声

王 婷 氏 『育児休業からの復帰で決意したOSS-DB取得、忙しいからこそがんばれる』   石井 愛弓 氏 NEW! 『新人でOSS-DB Gold合格 将来はスペシャリストとなりPostgreSQLを普及させたい』
OSS-DB Silver合格者の王 婷 氏
株式会社 神戸デジタル・ラボ
  OSS-DB Gold合格者の石井 愛弓 氏(株式会社NTTデータ
  入社1年目でOSS-DB Goldまで合格した石井愛弓さん。今は業務でPostgreSQLの技術支援を行いながら、PostgreSQLの普及に尽力しています。合格までの効率的な学習方法などをおうかがいしました。
     
小井戸 優香 氏 『OSS-DB Silverに認定されて、システムソリューションコンサルタントとしての信頼度が高まりました。』   宮本 亮 氏 『OSS-DB GoldとLPICレベル2 両方取得で到達した新しい境地 自己の成長を実感』
OSS-DB Silver合格者の小井戸 優香 氏(株式会社ヒューマンインタラクティブテクノロジー   OSS-DB Gold合格者の宮本 亮 氏(株式会社ゼクウ
OSS-DB Silverを取得して、操作だけでなく、仕組みそのものを学ぶことができました。組織としては、OSS-DBの資格の保持を外部に発信できることが大きいと思っています。   基盤技術チームのエンジニアとして活躍している宮本亮さん。OSS-DB GoldとLPIC レベル2の両方を取得されています。普段の業務や試験対策をおうかがいしました。
     
松添 隆康 氏 『DBOnline記事「「ダメ!ムリ!」からが勝負!関西のPostgreSQLエバンジェリスト」』   白井 亮 氏 『OSS-DB Gold 最高得点 文系出身の中堅エンジニア チームプレーがやりがい』
OSS-DB Silver合格者の松添 隆康 氏(関電システムソリューションズ株式会社   OSS-DB Gold合格者の白井 亮 氏(株式会社NTTデータ
DBMSについてはコストの観点から今までの商用製品では厳しい。そのため、松添さんは「Oracleは成熟期である一方、PostgreSQLは成長期」と判断、PostgreSQLに目を付け、OSS-DBの認定を取得しました。   白井さんは官公庁の情報システムに携わるシステムエンジニアです。OSS-DB Gold試験に、歴代最高得点(2014年10月時点)で合格。文系出身からPostgreSQLのプロフェッショナルになるまでの道のりなどをおうかがいしました。
     
豊田 健次 氏 『OSS-DBは今最もホットな試験 今後は認定コース講師として合格者を多く輩出していきたい』   岸田 和巳氏 『DBOnline記事「地図サービス「MapFan」を支えるエンジニア」』
OSS-DB Silver合格者の豊田 健次 氏(株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー   OSS-DB Gold合格者の岸田 和巳 氏(インクリメントP株式会社
業務で長らくデータベースに携わってきた経験をいかし、OSS-DB Silverを早々と取得した豊田健次氏。2011年10月からはOSS-DB認定コースの講師も務めます。   ポリゴンデータを管理するサブシステムでは、Oracle DatabaseではなくPostgreSQLが使われているとのこと。
また、社内システムの各所で採用されている、PostGISという空間データを扱うための非常に優れた拡張機能も無償で利用出来るとあって、PostgreSQLのコストメリットを最大限活かした環境構築が実現されているそうだ。
PostgreSQLを使うようになり、岸田さんはOSS-DB技術者認定試験にも挑戦しGoldまで取得した。
     
安齋 希美 氏 『スキル次第で大きな成果を挙げることができるのがオープンソースデータベースの醍醐味 OSS-DB技術者認定資格はDBエンジニアの信頼の証』   渡部 亮太 氏 『DBOnline記事「看板エンジニアが語るスキルアップのコツ」』
OSS-DB Silver合格者の安齋 希美 氏(SRA OSS, Inc. 日本支社   OSS-DB Gold合格者の渡部 亮太 氏
株式会社コーソル
大学は外国語学部で文系出身ですが、現在はOSSのデータベースエンジニアとして活躍される安齋さん。
データベースエンジニアとしてスキルアップを図る上で、格好の目標として、OSS-DB Silverの取得を目指し、見事合格されました。
  会社を代表するプリンシパルエンジニアである渡部さん。同社では2013年にOSS-DB技術者認定試験の取得推進キャンペーンを行い、4ヶ月半でGoldに5名、Silverに11名が合格した。会社としての意気込みも伝わってくる。
オープンソースデータベースへのシフトについて渡部さんは「ユーザーのニーズが変化してきているということでしょうね」と話す。依然としてOracle Databaseを必要としているシステムもあるものの、Oracle Databaseでなくてもいいというシステムもある。ニーズが多様化しているのだから、エンジニアは幅広くカバーできたほうがいいという考えだ。
     
岩田 戦太郎 氏 『ゼネラリストでありたい 資格は将来のチャンスを生かすために』   大城 千廣 氏 『希少価値が高く長く活躍できるOSS-DBのプロフェッショナル。女性の優位性が発揮できます』
OSS-DB Silver合格者の岩田 戦太郎 氏
グーグル株式会社
  OSS-DB Gold合格者の大城 千廣 氏
株式会社コーソル
エンジニアからIT研修の講師を経て、今年4月からGoogleで働く岩田氏。ゼネラリスト指向で幅広く技術を学び、取得した認定は40以上もあるそうです。今では幅広い知識を生かしてGoogleでテクニカルサポートとして働いています。OSS-DB Silverベータ試験を受験し、第一号のSilver認定者となりました。   OSS-DB技術者認定資格の知識は、DBを扱う業務の基礎知識として、非常に役立ちます。弊社がメインで扱う商用(商用システムでの利用を前提とした、高機能で有償の)DBの知識に加え、OSS-DBの勉強をしたことで、クライアントの要求を形にするアイデアの幅が広がりました。試験内容が実務に忠実で、勉強を通じて様々なケースを疑似体験できるところがためになりました。
     
      佐藤 千佳 氏 『OSS-DB Goldに認定されて、お客様からの信頼度がUP!仕事に日々やりがいを感じています』
    OSS-DB Gold合格者の佐藤 千佳 氏
メトロシステムズ株式会社
   
     
      中西 剛紀 氏 『DBOnline記事「社内PostgreSQL親善大使に訊く、今後のオープンソースデータベース〜」』
    OSS-DB Gold合格者の中西 剛紀 氏
TIS株式会社
    データベース製品だとかつてはMySQLとPostgreSQLの両方を検証していたが、最近ではPostgreSQLに絞っています。
PostgreSQLに注目しているのは3年ほど前からですが、現在の潮流を見ていると『読みは当たっていたな』と思っています。
PostgreSQLだと特定のベンダーに属さないという“政治的な”要素も安心材料となっていますし、日本国内ではPostgreSQLが普及しており、PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアムのように企業導入に向けたコミュニティ活動も活発であることも後押しとなりました。
     
      亀山 潤一 氏 『「知識 + 理解力」が問われるOSS-DB認定試験は極めて実践的』
    OSS-DB Gold合格者の亀山 潤一 氏
大日本印刷株式会社
    今回は、大日本印刷株式会社(DNP)のC&I事業部でデータベーススペシャリストとしてご活躍されており、OSS-DB Goldの取得者でもある亀山潤一様にデータベースとの出会い、またOSS-DB Goldの重要性、今後取得を目指される方へのアドバイスをお伺いいたしました。
     
      黒木 満幸 氏 『商用DBからOSS-DBへ スキルの橋渡しとなりたい』
    OSS-DB Gold合格者の黒木 満幸 氏
NECラーニング株式会社
    NECラーニングにてデータベース系研修の講師を務める黒木氏。Oracle Master Platinumも保有するなど、深いデータベーススキルと経験をお持ちです。2012年からOSS-DBのトレーニングも担当しています。
     
     
      徐 倍 氏 『同僚に恵まれスキルアップ OSS普及に貢献したい』
    OSS-DB Gold合格者の徐 倍 氏
NTTコムウェア株式会社
    OSS-DB Goldベータ試験にて最高得点を出し、認定第1号となった徐氏。NTTオープンソースソフトウェアセンタ(以降、NTT OSSセンタ)勤務時代、同僚にPostgreSQLコミュニティで活躍する開発者たちがずらりとならんでいたそうです。このとき周囲からいい刺激を受け、オープンソースDBの知識を深め、現在へとつながっています。
     

ページトップへ