HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「開発/SQL」 > 組み込み関数(文字列演算子、述語)

Silverの例題解説「開発/SQL - 組み込み関数(文字列演算子、述語)」

今回は、Silverの「開発/SQL - 組み込み関数(文字列演算子、述語)」からの出題です。

例題

Q. テーブルxの列aとbはいずれも文字列型である。aとbを連結した文字列を返すSELECT文はどれか。1つ選びなさい。
  1. A. SELECT a + b FROM x;
  2. B. SELECT a b FROM x;
  3. C. SELECT a || b FROM x;
  4. D. SELECT a, b FROM x;
  5. E. SELECT a & b FROM x;

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2018年6月26日

解答と解説

SQLで文字列を連結する標準の演算子は、|| です。JavaやCなどの言語で論理和(OR)を表す演算子と同じですが、SQLでは文字列連結に使うので注意してください。

従って正解はCです。

データベースの種類によっては、+ や & 演算子を文字列連結に使用するものもありますが、PostgreSQLでは使用できません。一方で、|| が文字列連結の意味にならないデータベースもありますので、SQLの移植をするときには注意が必要な演算子です。
同じ処理を関数として実行する concat() もあり、PostgreSQLなど複数のデータベースで使用することができます。
例題の選択肢で、AとEはエラーになりますが、BとDはエラーにはなりません。それぞれどのような意味になるか、自信がない場合は実機で実行して確認しておきましょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ