PREPARATION
受験対策

Goldの例題解説「運用管理 - データベースの構造(プロセス構造)」

今回は、Goldの「運用管理 - データベースの構造(プロセス構造)」からの出題です。

例題

1.02

PostgreSQL のプロセス構造について、適切なものをすべて選びなさい。

A. データベースに接続するクライアント一つ一つについて、別々のサーバプロセスが起動する。

B. データベースクラスタ内のそれぞれのデータベースについて、別々のサーバプロセスが起動する。

C. WAL ライタ、自動バキュームランチャ、統計情報コレクタなどいくつかのプロセスが動作しているが、いずれも postgres という同一の実行ファイルから作られるプロセスである。

D. クライアントが接続していないときは、通常は postmaster というプロセスだけが動作している。

E. データベースクラスタ1つに対して、postmaster というプロセスが1つ動作している。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

PostgreSQL はマルチプロセスの構造をとっており、1つのデータベースクラスタを postmaster と呼ばれるプロセスが管理しています。
1つのサーバ上で複数のデータベースクラスタを動かす場合は、データベースクラスタの数だけ postmaster プロセスが動作します。
それぞれのデータベースクラスタでは、writer, wal writer, autovacuum launcher, stats collector などといった複数の postgres プロセスが動作しています。これらは異なる機能を持っていますが、いずれも postgres (Windowsでは postgres.exe)という同一の実行ファイルから生成されます。
これらのプロセスは、データベースに接続するクライアントが存在しない時でも動作しています。
クライアントがサーバに接続すると、それに対応して別の postgres プロセスが起動してデータベースアクセスの処理を実行します。

従って、A, C, E が正解です。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格