PREPARATION
受験対策

Goldの例題解説「運用管理 - 運用管理用コマンド全般」

今回は、Goldの「運用管理 - 運用管理用コマンド全般」からの出題です。

例題

1.10

VACUUMに関して正しいものを全て選択しなさい。

A. FULLオプションを付加すると、データベース全体の不要領域が回収される。

B. VERBOSEオプションを付加すると、VACUUM処理の詳細な情報を取得することができる。

C. AUTOオプションを付加すると、autovacuumの設定を用いてVACUUMが行われる。

D. ANALYZEオプションを付加すると、統計情報の更新も行われる。

E. 一つのVACUUMコマンドに複数のテーブルを指定して実行することができる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

A. FULLオプションを付加すると、未使用領域をOSに返還する完全なVACUUMを実施します。データベース全体に対する処理を意味するものではありません。なお、VACUUM対象テーブルが指定されていなければ対象範囲はデータベース全体となります。
B. VERBOSEオプションを付加すると、VACUUM処理の進行状況などの詳細な情報が出力されます。
C. AUTOというオプションは存在しません。
D. ANALYZEオプションを付加すると、VACUUM処理後に統計情報も更新されます。
E. 一つのVACUUMコマンドには一つのテーブルしか指定できません。

よって正解は、BとDです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格