PREPARATION
受験対策

Goldの例題解説「運用管理 - 運用管理用コマンド全般」

今回は、Goldの「運用管理 - 運用管理用コマンド全般」からの出題です。

例題

1.11

pg_basebackupコマンドに関する説明として、適切でないものを2つ選びなさい。

A. 別サーバで動作しているPostgreSQLデータベースクラスタのベースバックアップを取得できる

B. pg_basebackupコマンドの実行前にpg_start_backupコマンドを実行する必要がある

C. fetch方式の場合、max_wal_sendersパラメータを少なくとも1以上に設定する必要がある

D. オプションを明示的に指定しないで実行した場合に、WALはバックアップに含まれる

E. テーブル空間が追加で作成されている場合は、テーブル空間内のデータはバックアップに含まれない

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

【Aについて】
バックアップにはレプリケーションプロトコルが用いられ、リモートで動作している別サーバからもベースバックアップを取得することができます。

【Bについて】
pg_basebackupコマンドでは「pg_start_backupコマンドの実行」「データベースクラスタ配下のデータ転送」「pg_stop_backupコマンドの実行」が内部で自動的に行われるため、予めpg_start_backupコマンドを実行する必要はありません。

【Cについて】
max_wal_sendersは、fetch方式の場合ではバックアップ用に少なくとも1つは必要であり、stream方式の場合では2つのスロットが利用されます。
実際には、他のレプリケーション用の接続等も考慮した上で、max_wal_sendersの値は十分に高く設定する必要があります。

【Dについて】
 -x等のオプションを明示的に指定しないで実行した場合でも、バックアップにWALは含まれます。

【Eについて】
テーブル空間が追加で作成されている場合であっても、テーブル空間内のデータまで含めたバックアップを取得可能です。

よって、適切でないものはB、Eです。

詳細は公式ドキュメントをご参照ください。(Versionによって仕様が異なる部分があるためご注意ください)
http://www.postgresql.jp/document/10/html/app-pgbasebackup.html

 

正解は B 、E です。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格