PREPARATION
受験対策

Goldの例題解説「性能監視 - アクセス統計情報、関連パラメータ」

今回は、Goldの「性能監視 - アクセス統計情報、関連パラメータ」からの出題です。

例題

2.07

pg_stat_databaseに関する記述で誤っているものを全て選択しなさい。

A. データベースクラスタ全体の稼働統計情報が1行だけ格納される。

B. blks_hitはバッファキャッシュにヒットしたブロック数が格納される。

C. blks_readはディスクから読み込んだブロック数とバッファキャッシュから読み込んだブロック数の合計である。

D. デフォルトではtrack_countsパラメータがoffであるため、稼働統計情報が収集されない。

E. tup_fetchedはインデックススキャンを使用して読み取った行数が格納される。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

A. pg_stat_databaseにはデータベースごとに1行稼働統計情報が格納されます。
B. 正しい記述です。
C. blks_readはディスクから読み込んだブロック数が格納されます。バッファキャッシュから読み込んだブロック数は含まれません。
D. 稼働統計情報を収集するにはtrack_countsパラメータがonである必要があります。デフォルトではtrack_countsパラメータがonであるため、initdb直後の状態でも稼働統計情報が収集されます。
E. インデックススキャンに限らず、読み取られた行数です。インデックススキャンで読み取られた行数はpg_stat_(all|sys|user)_tablesのidx_tup_fetchでテーブル別の値を参照できます。

従って正解は、A,C,D,E です。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格