PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説
「S3.1 SQL コマンド(スキーマ)」

今回は、Silverの「S3 開発/SQL - S3.1 SQL コマンド(スキーマ)」からの出題です。

例題

3.25

PostgreSQLのスキーマについて、最も適切な記述を2つ選びなさい。

  1. すべてのテーブルはいずれかのスキーマに所属する。
  2. スキーマは階層化できるので、
    SELECT * FROM schemax.subschema1.subschema2.tablename;
    のように深いスキーマのテーブルからSELECTすることもあり得る。

  3. SELECT * FROM tablename; のようにスキーマ名を指定せずにテーブル名を指定すると、publicスキーマを指定したものと見なされる。

  4. SELECT * FROM tablename; のようにスキーマ名を指定せずにテーブル名を指定すると、ユーザ名と同じ名前のスキーマを指定したものと見なされる。

  5. ALTER SCHEMA文でスキーマの名前や所有者を変更することができる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2013年2月20日

解答と解説

スキーマ機能はRDBMSの種類によって実装にかなり違いがあることもあって説明が難しいのですが、階層化できないディレクトリ、として理解するのが一つの方法でしょう。
ファイルシステムにおいて、すべてのファイルがどれかのディレクトリに所属するのと同じように、データベースにおいては、テーブルを含め、すべてのオブジェクトはいずれかのスキーマに所属します。ディレクトリが別であれば同じ名前のファイルが作れるのと同様に、スキーマが別であれば同じ名前のテーブルを作ることが可能です。
ディレクトリと違ってスキーマは階層化できません。従って選択肢BのSELECT文のような形式でテーブル名を指定することはできません。
SQL文のオブジェクト名の指定でスキーマ名を省略した場合、PostgreSQLではスキーマ検索パスを使ってどのスキーマのオブジェクトを使うかを特定します。スキーマ検索パスの設定は変更することができますが、デフォルトでは "$user",public という設定になっており、ユーザ名と同じスキーマ、publicスキーマ、という優先順位でオブジェクトを検索します。例えば userx というユーザが SELECT * FROM tablename; を実行した場合、まず userx というスキーマに tablename というテーブルがあるかどうかを調べ、あればそこから SELECT を実行します。なければ public というスキーマに tablename というテーブルがあるかどうかを調べ、あればそこから SELECT を実行します。つまり、どのスキーマを参照するかは、スキーマ検索パスの設定と、それぞれのスキーマの状態の両方に依存します。
新しいスキーマは CREATE SCHEMA 文で作成しますが、ALTER SCHEMA でスキーマの名前や所有者を変更することができます。なお、デフォルトでは、スキーマの所有者だけが、スキーマ内にオブジェクトを作ったり、スキーマ内のオブジェクトを参照したりできます。他のユーザがスキーマにアクセスできるようにするためには、GRANT文で適切に権限を付与する必要があります。

というわけで、正解はAとEです。

 

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格