PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説
「S3.2 組み込み関数」

今回は、Silverの「S3 開発/SQL - S3.2 組み込み関数」からの出題です。

例題

3.36

文字列型の列xの値が、’ABCD’である(ただし、大文字と小文字を区別しない)行をすべて検索するSELECT文を2つ選びなさい。

  1. SELECT * FROM tbl WHERE x = ‘ABCD’;

  2. SELECT * FROM tbl WHERE x LIKE ‘ABCD’;

  3. SELECT * FROM tbl WHERE x ILIKE ‘abcd’;

  4. SELECT * FROM tbl WHERE x = upper(‘abcd’);

  5. SELECT * FROM tbl WHERE lower(x) = ‘abcd’;

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2014年1月20日

解答と解説

データベースの種類によっては、文字列比較で大文字と小文字を区別しないものもあるので、そのようなデータベースでは、AやBのSELECT文でもこの問題の要件を満たしますが、PostgreSQLをはじめ、多くのデータベースでは大文字と小文字を区別します。
CのILIKEはPostgreSQL独自の演算子で、LIKE演算子の大文字と小文字を区別しないバージョンです。つまり、”x ilike ‘abcd’”は、xの値を大文字小文字を区別せずに’abcd’と比較します。
このような特殊な演算子を使わずに大文字小文字を区別せずに文字列比較をするためには、xを大文字に変換して、’ABCD’と比較する、あるいはxを小文字にして、’abcd’と比較する、という方法がよく用いられます。つまり、”upper(x) =‘ABCD’”あるいは”lower(x) = ‘abcd’”という比較をします。

従って、正解はCとEです。

実際に、
create table tbl (id integer, x text);
insert into tbl values(1, ‘abcd’), (2, ‘ABCD’), (3, ‘Abcd’), (4, ‘ABCDE’);などとして、データを作った上で、選択肢のSELECT文だけでなく、自分で工夫したSELECT文を試してみましょう。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格