PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「開発/SQL - SQLコマンド(インデックス)」

今回は、Silverの「開発/SQL - SQLコマンド(インデックス)」からの出題です。

例題

3.108

CREATE TABLEの実行時に自動的にインデックスが作成されるのはどの場合か。該当するものをすべて選びなさい。

  1. テーブルに FOREIGN KEY 制約をつけたとき
  2. 列にNOT NULL制約をつけたとき
  3. 列に PRIMARY KEY制約をつけたとき
  4. 列に REFERENCES 制約をつけたとき
  5. 列に UNIQUE 制約をつけたとき

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2019年10月29日

解答と解説

インデックスはデータの検索を効率化するために作るものですが、テーブルや列につけた制約によって自動的に作成される場合があります。それは列(または列に組み合わせ)に対して一意であるという制約をつけたときです。インデックスがなければ、そのテーブルに新しいデータを追加するときに、その列に同じキー値のデータが存在するかどうか、全件検索する必要があります。インデックスがあれば、インデックスだけを検索すればデータが存在するかどうか確認できますから、ずっと効率的です。そのため、列(あるいは列の組み合わせ)にUNIQUE制約、あるいはPRIMARY
KEY制約をつけると、その列に自動的にインデックスが作成されます。
FOREIGN KEYあるいはREFERENCESは、別のテーブルに同じキー値のデータがある、という制約です。参照される側のキー列はUNIQUEでなければならず、そのためインデックスが存在しますが、参照する側はUNIQUEである必要はないので、インデックスの自動作成は行われません。なお、参照される側のキー列を更新または削除すると、参照先が存在しないというデータ不整合が発生する可能性があるため、更新・削除について制限がかかります。そのような更新・削除が行われる場合には、各キーが実際に参照されているかどうか、またどのデータから参照されているかを効率的に確認できるようにするため、参照する側にもインデックスを作成しておくのが望ましいです。
NOT NULL制約は、個々のデータがNULLになっていないことを確認するだけですので、インデックスが自動的に作られることはありません。


したがって正解はCとEです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格