PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「開発/SQL - SQLコマンド(ビュー)」

今回は、Silverの「開発/SQL - SQLコマンド(ビュー)」からの出題です。

例題

3.109

ALTER VIEWコマンドで実行できることを2つ選びなさい。

  1. ビューに列を追加する。
  2. ビューから列を削除する。
  3. ビューの列のデータ型を変更する。
  4. ビューの名前を変更する。
  5. ビューの所有者を変更する。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2019年11月27日

解答と解説

ビューを定義するにはCREATE VIEWを使います。定義したビューの属性を変更するためにALTER VIEWコマンドがありますが、変更可能な属性はビュー名、所有者、スキーマくらいで、ALTER VIEWで実行できることは非常に限られています。この点、ALTER TABLEがテーブルのほとんどの属性を変更できるのと大きく異なるので注意してください。
ビューの名前を変更するには、
ALTER VIEW 旧ビュー名 RENAME TO 新ビュー名
のようにします。ビューの所有者を変更するには、
ALTER VIEW ビュー名 OWNER TO 新所有者
のようにします。
ビューへの列の追加などビューを定義するSQL文の変更は、
CREATE OR REPLACE VIEW ビュー名 AS SQL文
のようにすることで可能ですが、この構文では既存のビューに存在する列は同じ順序、同じデータ型で残し、末尾に新しい列を追加することしかできません。列の削除やデータ型の変更は、CREATE OR REPLACE VIEWでも実行できず、一旦、DROP VIEWでビューを削除した上で、CREATE VIEWで再作成する必要があります。


したがって正解はDとEです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格