PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「開発/SQL - SQLコマンド(トリガー)」

今回は、Silverの「開発/SQL - SQLコマンド(トリガー)」からの出題です。

例題

3.110

あるテーブルのUPDATEについて、文レベルのBEFOREトリガー、文レベルのAFTERトリガー、行レベルのBEFOREトリガー、行レベルのAFTERトリガーを定義した。このテーブルについてUPDATEが実行されるときのトリガーの実行順序はどうなるか。

  1. BEFORE文 → BEFORE行 → AFTER文 → AFTER行
  2. BEFORE文 → BEFORE行 → AFTER行 → AFTER文
  3. BEFORE行 → BEFORE文 → AFTER行 → AFTER文
  4. BEFORE行 → BEFORE文 → AFTER文 → AFTER行
  5. BEFORE → AFTER の順だが、文レベルと行レベルの実行順序はトリガーを定義する関数名のアルファベット順で決まる

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2019年12月26日

解答と解説

データベースでは、テーブルの更新と同時にトリガーを実行し、他の列や他のテーブルを同時に更新するように設定することができます。PostgreSQLでは、TRIGGER型の関数をCREATE FUNCTIONで定義し、それをCREATE TRIGGERでテーブルに紐付ける、という手順でトリガーを定義します。
トリガーにはいくつかの種類がありますが、主な分類として、テーブルのデータを更新する前に実行するBEFOREトリガーとデータの更新後に実行するAFTERトリガーがあります。また、SQL文の実行に対して1回だけ実行する文レベルのトリガーと、更新の対象となった各行について個別に実行される行レベルのトリガーがあり、BEFORE/AFTERと組み合わせると4通りのトリガーがあります(この他に、INSTEAD OFトリガーと呼ばれるものもあります)。
テーブルに対してUPDATE文が発行されたとき、まず、文レベルのBEFOREトリガーが実行され、その次に更新対象の各行について行レベルのBEFOREトリガーが実行されます。BEFOREトリガーの実行が終わったらUPDATE文の本体が実行されてテーブルが更新されます。その後は、BEFOREのときとは逆順で、まず更新対象となった各行について行レベルのAFTERトリガーが実行され、最後に文レベルのAFTERトリガーが実行されます。


したがって正解はBです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格