PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説
「S1.1 OSS-DBの一般的特徴(ライセンス)」

今回は、Silverの「S1 一般知識 - S1.1 OSS-DBの一般的特徴(ライセンス)」からの出題です。

例題

1.01

PostgreSQLのライセンスについて適切な記述を2つ選びなさい。

  1. PostgreSQLのソースコードは公開されており、誰でもダウンロードできる。

  2. PostgreSQLのソースコードに改変を加えた場合、それを公開する義務がある。

  3. PostgreSQLのソースコードを改変して再配布するとき、著作権表示をする必要はない。

  4. PostgreSQLの開発者は、致命的なバグについて修正の義務を負っている。

  5. PostgreSQLはユーザ登録することなく、無料で利用できる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2011年2月10日

解答と解説

答はAとEです。

オープンソースソフトウェアはソースコードが入手できる、再配布可能、など共通の特徴がありますが、ライセンスにはいくつかの種類があり、ソースの改変や再配布の条件がそれぞれ異なるので、利用するソフトウェアがどのようなライセンスになっているのか注意が必要です。
PostgreSQLのライセンスはBSDライセンスに基づいたものになっており、ソースを改変した場合に、そのコードを公開する義務はありませんし、またそれを商用利用することも可能です。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格