PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「一般知識 - OSS-DBの一般的特徴」

今回は、Silverの「一般知識 - OSS-DBの一般的特徴」からの出題です。

例題

2.07

PostgreSQL のレプリケーション機能についての説明として、適切なものを2つ選びなさい。

  1. データベースクラスタ内のデータベース毎にレプリケーションするかどうかを指定できる。

  2. 更新可能なマスターサーバは1台だけに制限されている。

  3. 読み込み専用のスレーブサーバは8台までに制限されている。

  4. マスターサーバがダウンしたときは、読み込み専用だったスレーブサーバのうちの1台を更新可能なマスターサーバに昇格させることが可能である。

  5. すべてのスレーブサーバがダウンしてレプリケーションできなくなったら、マスターサーバでのデータ更新も自動的に停止する。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2012年7月4日

解答と解説

PostgreSQL のレプリケーションは、ベースバックアップに対して、WALファイルを適用する、というPITRと同じ原理で動作しています。このため、必ずデータベースクラスタ全体をレプリケーションすることになります。クラスタ内の特定のデータベースだけをレプリケーションすることはできません。

レプリケーションにおいて、更新可能なマスターサーバは1台に制限されています。読み込み専用のスレーブサーバの台数にシステム上の制限はありません。

マスターサーバがダウンしたときは、スレーブのうちの1台をマスターサーバに昇格させて、業務を継続することができます。つまり、負荷分散だけでなく、高可用システムにするための手段としてもレプリケーションを利用できます。

スレーブサーバがダウンすると、ログ転送ができなくなりますが、マスターサーバはそのまま動作を続けます。スレーブサーバが復活した時点で、すべての更新データが転送されます。

従って、正解は B と D です。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格