PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「一般知識 - OSS-DBの一般的特徴(メジャーバージョン/マイナーバージョン)」

今回は、Silverの「一般知識 - OSS-DBの一般的特徴(メジャーバージョン/マイナーバージョン)」からの出題です。

例題

2.15

PostgreSQLのバージョン番号の表記はバージョン9までは9.6.3のように3つの数で構成されていたが、バージョン10以降は11.2のように2つの数で構成されるようになった。
これについて適切な説明を2つ選びなさい。

  1. 1つ目の数はメジャーバージョン、2つ目の数はマイナーバージョン、3つ目の数はパッチバージョンである。バージョン10以降はパッチバージョンを表記しなくなった。

  2. 1つ目と2つ目の数を合わせてメジャーバージョン、3つ目の数はマイナーバージョンである。バージョン10以降はマイナーバージョンを表記しなくなった。

  3. バージョン9までは最初の2つの数がメジャーバージョン、バージョン10以降は1つ目の数がメジャーバージョン、いずれも最後の数はマイナーバージョンである。

  4. メジャーバージョンが同じならデータベースを構成するファイルに互換性があるが、これが異なると互換性がなく、アップグレード時にはデータベースの変換が必要になる。

  5. バージョンに関わらず、表記されているバージョン番号が異なる場合はデータベースを構成するファイルに互換性はなく、アップグレード時にはデータベースの変換が必須である。 

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2021年1月13日

解答と解説

PostgreSQLは1年に1回の割合でメジャーアップデート、3ヶ月に1回の割合でマイナーアップデートがされています。
バージョン表記については、メジャーアップデートではメジャーバージョンが更新され、マイナーアップデートではマイナーバージョンが更新されますが、この表記方法が2017年にリリースされたバージョン10から変更されました。以前は最初の2つの数でメジャーバージョンを構成しており、例えば9.5と9.6ではメジャーバージョンが異なります。3つ目の数、例えば9.6.3の3はマイナーバージョンで、3回目のマイナーアップデートを意味します。バージョン10からは1つ目の数だけがメジャーバージョンということに変更されたので、例えば10.5と10.6ならメジャーバージョンは同じ、2つ目の数はマイナーバージョンなので、それぞれ5回目と6回目のマイナーアップデートということになります。混乱しないように注意してください。

メジャーアップデートではいくつもの新機能が追加され、それによってデータベースの構造なども変更されます。そのためアップグレード時には新しいプログラムをインストールするだけでなく、データベース自体もデータ移行など再構築が必要になります。
マイナーアップデートはバグ修正のみで新機能の追加はありません。バグ修正に伴い、既存データの修正を要請されることはあるものの、データベースの構造自体は互換性があるので、基本的にはデータベースプログラムだけを更新すればアップグレードが完了します。

したがって正解はCとDです。

 

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの OSS-DBの採用がますます拡大している中、 昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定です

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

関連資格