PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「一般知識 - OSS-DBの一般的特徴(リリースサイクル、サポートポリシー)」

今回は、Silverの「一般知識 - OSS-DBの一般的特徴(リリースサイクル、サポートポリシー)」からの出題です。

例題

2.16

PostgreSQLのリリースサイクル、サポートポリシーの説明として適切なものを2つ選びなさい。

  1. マイナーアップデートは通常は1年に1回リリースされる。

  2. マイナーアップデートは通常は半年ごとにリリースされる。

  3. マイナーアップデートは通常は3ヶ月ごとにリリースされる。

  4. サポート期間は各メジャーバージョンのリリースから5年である。

  5. サポート期間は各メジャーバージョンのリリースから10年である。
  6. サポート期間は各マイナーアップデートのリリースから5年である。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2021年2月10日

解答と解説

PostgreSQLのバージョン9.6までは9.6.4のように3つの数、バージョン10からは10.5のように2つの数で表記されています。最初の2つ(バージョン9.6まで)または1つ(バージョン10以降)がメジャーバージョン、最後の数がマイナーバージョンを表します。
最近のバージョンを見てみると、9.6は2016年9月、バージョン10は2017年10月、バージョン11は2018年10月、バージョン12は2019年10月、バージョン13は2020年9月、と毎年1回、秋にリリースされるのが基本となっています。

マイナーアップデートは、サポート対象となっている各メジャーバージョンに対するバグ修正をしたもので、直近では2020年11月に13.1、12.5、11.10、10.15、9.6.20、9.5.24が同時にリリースされています。それより前は2020年8月、2020年5月、2020年2月、2019年11月、2019年8月、と3ヶ月ごとにリリースされていますが、毎年2月、5月、8月、11月のリリースが基本となっていて、これの他に臨時のセキュリティ修正のアップデートがされることがあります。

サポート期間はメジャーバージョンがリリースされてから5年が基本となっており、例えば2016年9月にリリースされた9.6は2021年11月に最後のマイナーアップデートが予定されており、そこでサポート終了となります。

従って正解はCとDです。

各バージョンのリリース時期、サポート終了時期などについては、以下を参照してください。
https://www.postgresql.org/support/versioning/

 

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの OSS-DBの採用がますます拡大している中、 昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定です

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

関連資格