PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「一般知識 - OSS-DBの一般的特徴(ライセンス)」

今回は、Silverの「一般知識 - OSS-DBの一般的特徴(ライセンス)」からの出題です。

例題

2.18

PostgreSQLを商用システムに組み込んで販売したい。以下の説明からもっとも適切なものを1つ選びなさい。

  1. PostgreSQLを商用システムに組み込んで販売することは認められない。PostgreSQLをシステムに同梱せず、別途インストールする、といった対応をする必要がある。

  2. PostgreSQLの著作権を有するPostgreSQLグローバル開発チームと書面によるライセンス契約を結べば、その契約に従って販売することができる。

  3. システムの売上高に応じた一定の金額をPostgreSQLグローバル開発チームに納入することを条件に、販売することができる。

  4. 著作権表示を適切に行えば、販売することができる。

  5. PostgreSQLの利用や販売に関しては何も制限はないので、特に注意することはなく、自由に販売することができる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2022年11月9日

解答と解説

OSSは無料で利用できますが、ライセンスは様々であり、商用利用に制限があったり、あるいはソースコードの公開を要求されるなど、企業での利用に向かないものもあるので注意が必要です。

PostgreSQLのライセンスはBSDライセンスに基づくもので、以下のページに記載されています。
https://www.postgresql.org/about/licence/

ポイントは次の部分です:
Permission to use, copy, modify, and distribute this software and its documentation for any purpose, without fee, and without a written agreement is hereby granted, provided that the above copyright notice and this paragraph and the following two paragraphs appear in all copies.

訳すと『上記の著作権表記、この段落、下記の2つの段落がすべての複製物に表示されることを条件に、このソフトウェアおよびそのマニュアルを、目的を問わず、無料で、書面による同意なく、利用し、複製し、改変し、配布することを許可します』という感じです。

つまり、著作権の表示を適切に行えば、商用目的に利用して販売することができ、それに関して利用料金を開発者に支払う必要はありません。この著作権の表示がBSDライセンスあるいはMITライセンスに基づくライセンスに共通するところです。

従って正解はDです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定です

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

関連資格