PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説
「S2.1 インストール方法」

今回は、Silverの「S2 運用管理 - 2.25_Silverの例題解説「S2 運用管理 - S2.1 インストール方法」」からの出題です。

例題

2.25

テンプレートデータベースについて、誤った記述を2つ選びなさい。

  1. template0 に CREATE TABLE などでオブジェクトを追加作成することはできない

  2. template1 に CREATE TABLE などでオブジェクトを追加作成することはできない

  3. template0 を DROP DATABASE で削除することはできない

  4. template1 を DROP DATABASE で削除することはできない

  5. データベース postgres をテンプレートデータベースとして利用して新しいデータベースを作成することができる

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2012年12月27日

解答と解説

initdbコマンドにより初期化された直後のデータベースクラスタには、template0, template1という2つのテンプレートデータベースと、postgresというユーザ用のデータベースがあります。
template0にはシステム標準のオブジェクトのみが含まれます。template0にはオブジェクトを追加することはできませんし、またtemplate0自体を削除することもできません。
初期状態ではtemplate0とtemplate1は同じ内容ですが、template1には自由にオブジェクトを追加することができます。
PostgreSQLにおけるCREATE DATABASEはテンプレートデータベースの複製です。
デフォルトではtemplate1の複製が作られますから、複数のデータベースで共通に使いたいオブジェクトや関数があるときは、事前にtemplate1にそれを作成しておくことで、どのデータベースでも利用できるようになります。
また、DROP DATABASEでtemplate1を削除しても問題ありません。もちろん、template1がない状態でCREATE DATABASEを実行する時は、適当なテンプレートデータベースを明示的に指定する必要があります。
テンプレートデータベースとしてtemplate1以外のデータベースを指定しても構いません。各データベースにテンプレートかどうかの属性があるわけではなく、postgresデータベースをテンプレートとして、その複製を作ることもできます。

間違っているものを選ぶ問題ですので、正解はBとDです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格