PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説
「S2.4 バックアップ方法」

今回は、Silverの「S2 運用管理 - S2.4 バックアップ方法」からの出題です。

例題

2.30

pg_dumpコマンドによるデータベースのバックアップについて、誤っているものを1つ選びなさい。

  1. データベースクラスタ内の1つのデータベースのバックアップを取得できるが、データベースクラスタ全体のバックアップは取得できない。

  2. テーブルの定義だけ、テーブル内のデータだけ、テーブル定義とデータの両方、などバックアップの内容をオプションで指定できる。

  3. バックアップファイルのフォーマットはテキスト形式とバイナリ形式があり、バイナリ形式にもTAR形式や圧縮アーカイブ形式など複数種類がある。

  4. テキスト形式のバックアップファイルには、CREATE TABLE、GRANT、COPYといったSQL文が記述されている。

  5. pg_dumpで作成したバックアップファイルからリストアするには、ファイル形式に関わらずpg_restoreコマンドを使う。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2013年4月22日

解答と解説

pg_dumpはPostgreSQLでデータベースのバックアップを取得するときに使うコマンドです。

データベースクラスタ内の1つのデータベースについて、その全体、あるいは一部のテーブルのバックアップを取得することができます。データベースクラスタ全体を1つのコマンドでバックアップするには、pg_dumpallというコマンドを使います。

デフォルトでは、テーブルの定義とデータの両方のバックアップを取得しますが、-sあるいは--schema-onlyオプションを指定すると、テーブルの定義だけのバックアップを取得できます。また、-aあるいは--data-onlyオプションを指定すると、データだけのバックアップを取得します。

バックアップファイルのフォーマットは-Fあるいは--formatオプションで指定します。デフォルトはテキスト形式ですが、pあるいはplainと明示的に指定することも可能です。バイナリ形式は、圧縮されたアーカイブ形式のc(custom)、ディレクトリ形式のd(directory)、TAR形式のt(tar)をオプションとして指定します。なお、ディレクトリ形式はPostgreSQL 9.1で追加されたオプションです。

テキスト形式のバックアップはSQLになっていて、テーブルを定義するCREATE TABLE、アクセス権限を付与するGRANT、テーブルにデータを入れるCOPYなどが記述されています。

バックアップからリストアするとき、テキスト形式のバックアップの場合はpsqlコマンドを使います。バイナリ形式のバックアップの場合は、custom/directory/tarいずれの形式でもpg_restoreコマンドを使います。

間違っているものを選ぶ問題なので、正解はEです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格