PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説
「S2.4 バックアップ方法」

今回は、Silverの「S2 運用管理 - S2.4 バックアップ方法」からの出題です。

例題

2.31

PostgreSQLのバックアップ方法に関する以下の記述から、適切なものを2つ選びなさい。

  1. pg_dumpall コマンドは、その内部から pg_dump コマンドを実行する。

  2. pg_basebackup コマンドは、その内部から pg_dump コマンドを実行する。

  3. pg_dump コマンドで作成したバックアップはポイントインタイムリカバリ(PITR)のためのベースバックアップとして利用できる。

  4. ストリーミングレプリケーションを設定するときは、まず pg_dumpall コマンドでデータベースクラスタ全体のバックアップを取得する。

  5. pg_dump コマンドで作成したバックアップは、オプションによっては出力ファイルが複数になる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2013年7月8日

解答と解説

PostgreSQLでデータベースのバックアップを取得する方法は、目的によって複数あります。

pg_dumpおよびpg_dumpallはデータベースの論理的な、つまりSQL形式のバックアップを取得するコマンドです。pg_dumpはデータベースクラスタ内の特定の1つのデータベースだけバックアップしますが、pg_dumpallはデータベースクラスタ全体のバックアップを取得します。pg_dumpallは内部的には、個々のデータベースについてpg_dumpコマンドを実行しています。

pg_dumpにはいろいろな出力フォーマットがあり、-Fオプションで指定できます。デフォルトのpオプションではテキスト形式、tオプションではTAR形式、cオプションでは圧縮されたアーカイブ形式になります。これら3つのオプションでは1つのデータベースについて1つの出力ファイルが作られますが、PostgreSQL 9.1で追加されたdオプションでは、テーブルごとに1つずつの圧縮されたファイルを作ります。

ポイントインタイムリカバリもストリーミングレプリケーションも、開始にあたりデータベースクラスタ全体のバックアップを作る必要がありますが、このときは、pg_dumpによる論理的バックアップではなく、データベースのファイルの物理的なコピーを取得します。

pg_basebackupはPostgreSQL 9.1で追加されたコマンドです。これは、データベースクラスタの配下のディレクトリにあるファイルの物理的なコピーを作成するもので、PITRやストリーミングレプリケーションのためのベースバックアップとして使うことができます。物理的なコピーを作りますから、内部からpg_dumpを実行することはありません。

従って、正解はAとEです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格