PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説
「S2.5 基本的な運用管理作業」

今回は、Silverの「S2 運用管理 - S2.5 基本的な運用管理作業」からの出題です。

例題

2.32

ANALYZEについて適切な記述を2つ選びなさい。

  1. データベース全体を ANALYZE するには、OSのコマンドラインから pg_analyze コマンドを実行する。

  2. テーブル foo について ANALYZE するには、データベースに接続して以下のコマンドを実行する。
    ALTER TABLE foo ANALYZE;

  3. OSのコマンドラインから vacuumdb コマンドを実行することでデータベース全体をANALYZEすることができる。;

  4. ANALYZEはテーブル内にどのようなデータが入っているかを調べる。

  5. ANALYZEはテーブルが何回SELECTされ、何回UPDATEされたか、といったアクセス頻度の情報を調べる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2013年8月6日

解答と解説

データベースに対する問い合わせの計画を最適化するため、テーブルの内容を解析するのがANALYZEです。例えば、テーブルの列にどういう値が入っているか、値の散らばり具合はどうか、NULLのデータがどれくらいあるか、といったことを調べ、これは問い合わせの実行時にインデックスを使うのか、それとも全件検索をするのか、テーブルの結合時にどちらのテーブルを先にスキャンするか、結合でどんなアルゴリズムを使うか、といった計画を決めるときの参考にされます。テーブルのアクセス頻度は計画とは関係ないので、ANALYZEでは収集されません。
ANALYZEを実行するには、psqlでデータベースに接続して、ANALYZEコマンドを実行します。
ANALYZE table_name;
とすることで、指定のテーブルだけANALYZEすることもできますが、テーブル名を指定しなければ、接続先のデータベース内の全テーブルがANALYZEされます。また、
VACUUM ANALYZE;
とすることで、バキュームの実行と同時にANALYZEを行うこともできます。
OSのコマンドラインからvacuumdbコマンドを実行するときに、-zまたは--analyzeオプションをつけて実行すると、VACUUM ANALYZEと同じになります。
また、-Zまたは--analyze-onlyオプションにするとVACUUMを実行せず、ANALYZEだけを実行することができます。
pg_analyzeというコマンドはありませんし、ALTER TABLEでANALYZEすることはできません。

従って、正解はCとDです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格