PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「運用管理 - 設定ファイル」

今回は、Silverの「運用管理 - 設定ファイル」からの出題です。

例題

1.36

pg_hba.conf ファイルに関する説明の中から、誤っているものを2つ選びなさい。

  1. データベースクラスタ内のデータベースごとに、アクセスを許可あるいは拒否するユーザを指定できる。

  2. データベース内のテーブルごとに、アクセスを許可あるいは拒否するユーザを指定できる。

  3. データベースにアクセスできるホストをホスト名またはIPアドレスで指定できる。

  4. 接続を許可する設定と拒否する設定の両方がある場合は、接続が許可される。

  5. 接続を許可する設定と拒否する設定のどちらもない場合は、接続が拒否される。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2013年12月17日

解答と解説

pg_hba.confファイルにより、データベースクラスタ内のデータベース、ユーザ、アクセス元のホストの組み合わせについて、認証方式を指定することができます。認証方式には、無条件に許可するtrust、無条件に拒否するreject、暗号化されたパスワードを利用するmd5をはじめとして様々な方式が指定できます。
アクセス先はデータベース単位での指定となります。データベース内の個別のテーブルのアクセス権はpg_hba.confでは指定できません。SQLのGRANT文、REVOKE文を使って指定してください。
アクセス元のホストについては、PostgreSQL9.1までは、IPアドレスの範囲でしか指定できませんでしたが、バージョン9.2からはホスト名でも指定できるようになりました。
pg_hba.confでは1行に1つの認証条件を記述します。データベース、ユーザ、アクセス元の組み合わせがマッチするレコードを先頭行から順に探し、最初に見つかった行の認証方式を利用します。それより下にマッチする組み合わせのレコードがあってもそれは採用されません。
マッチする行が見つからなかった時は接続が拒否されます。

誤っているものを選ぶ問題なので、正解はBとDです。

pg_hba.confについては、マニュアルの以下のページを参照してください。
http://www.postgresql.jp/document/10/html/app-psql.html

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格