HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「運用管理」 > 設定ファイル(pg_hba.confの設定方法)

Silverの例題解説「運用管理 - 設定ファイル(pg_hba.confの設定方法)」

今回は、Silverの「運用管理 - 設定ファイル(pg_hba.confの設定方法)」からの出題です。

例題

Q. pg_hba.confファイルには何が記載されているか。正しいものを1つ選びなさい。
  1. A. データベースクラスタ内に含まれるデータベース名の一覧
  2. B. データベースユーザの暗号化されたパスワード
  3. C. データベースに接続するときの認証方式
  4. D. データベース管理者ユーザのメールアドレス
  5. E. データベースのログファイルの置き場所となるディレクトリの設定

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

pg_hba.confのHBAはHost Based Authenticationの頭文字を取ったもので、データベースに接続するときの認証方法について、接続元クライアント、ユーザおよび接続先データベース毎に記述したものです。
ファイルの各行には接続先データベース、ユーザ名、接続元のIPアドレス(またはホスト名)、認証方式が記載されており、先頭の行から順に評価することで、データベースへの接続が許されているかどうか、許されている場合にどんな認証方式を使うべきかが判定されます。
認証方式には、例えばパスワードを使うmd5、クライアント証明書を使用するcert、LDAPを使用するldapなど多数あります。詳しくはマニュアルを参照してください。
https://www.postgresql.jp/document/9.6/html/auth-pg-hba-conf.html

従って、正解はCです。

なお、pg_hba.confにはクラスタ内に存在するデータベース名も記載されますが、すべてのデータベースを表すallやユーザ名と同じデータベース名を表すsameuserのような指定方法もあり、必ずしもクラスタ内に含まれるデータベース名が入っているわけではありません。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ