HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「運用管理」 > 設定ファイル(SET/SHOWの使い方)

Silverの例題解説「運用管理 - 設定ファイル(SET/SHOWの使い方)」

今回は、Silverの「運用管理 - 設定ファイル(SET/SHOWの使い方)」からの出題です。

例題

Q. SQLのSETコマンドの説明として適切なものを2つ選びなさい。
  1. A. 変数の値を設定し、SQLから変数値を参照することができる。
  2. B. スキーマ検索パスや時間帯などの実行時パラメータを変更することができる。
  3. C. 設定した値は、デフォルトでは、そのユーザにとって永続的に有効である。
  4. D. 設定した値は、デフォルトでは、そのセッション内でのみ有効である。
  5. E. 設定した値は、デフォルトでは、そのトランザクション内でのみ有効である。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

SETコマンドは
SET パラメータ名 TO 値
の形式で使用し、サーバの実行時パラメータを変更することができます。TO の代わりに = を使うこともできます。 ただし、時間帯を変更するときは
SET TIME ZONE ゾーン記述
という形式で使います。
すべてのパラメータが変更できるわけではなく、スーパーユーザ権限が必要なもの、サーバあるいはセッションの開始後には変更できないものもあります。
SETの直後にオプションで SESSION または LOCAL と記述することができます。
オプションなしのSETコマンド、あるいはSET SESSIONで実行した変更はセッション内でのみ有効です。
SET LOCALで実行した変更はトランザクション内でのみ有効で、トランザクションがコミットまたはロールバックされると設定が元に戻ります。

従って、正解はBとDです。

psqlのメタコマンドで変数値を設定できる\setメタコマンドと混同しないように注意してください。
https://www.postgresql.jp/document/9.6/html/sql-set.html

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ