HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「運用管理」 > バックアップ方法(ポイントインタイムリカバリ(PITR)の概念と手順)

Silverの例題解説「運用管理 - バックアップ方法(ポイントインタイムリカバリ(PITR)の概念と手順)」

今回は、Silverの「運用管理 - バックアップ方法(ポイントインタイムリカバリ(PITR)の概念と手順)」からの出題です。

例題

Q. ポイントインタイムリカバリ(PITR)の説明として、正しくないものを1つ選びなさい。
  1. A. テーブルから削除したデータを元に戻すことができる。
  2. B. DROP TABLEで削除したテーブルを元に戻すことができる。
  3. C. DROP USERで削除したユーザを元に戻すことができる。
  4. D. DROP DATABASEで削除したデータベースを元に戻すことができる。
  5. E. システムの設定ファイル(postgresql.conf)に対する誤った変更を元に戻すことができる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

PITRはバックアップおよびリカバリの手段の1つで、ある時点のデータベースのコピー(ベースバックアップ)に、それ以降に実行されたSQLトランザクションのログファイル(WAL)を適用することで、データベースを復旧します。

復旧のときに、すべてのWALを適用する代わりに、特定時点までのWALだけを適用することで、データベースを任意の時点にまで戻すことができます。データやテーブル、ユーザやデータベースを削除した場合でも、それより前の時点を指定して復旧すれば、削除前の状態に戻すことが可能です。

WALファイルを使用するという性質上、WALファイルに記録されない変更はPITRを使って元に戻すことができません。例えば、postgresql.confやpg_hba.confなどの設定ファイルへの変更はSQLを使わずに手作業で実施するため、PITRによる復旧の対象外です。

また、ログを取らないテーブル(UNLOGGED TABLE)への変更もPITRでは元に戻すことができません。

正しくないものを選ぶ問題なので、正解はEです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ