HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「運用管理」 > 基本的な運用管理作業(データベースユーザの追加、削除、変更方法)

Silverの例題解説「運用管理 - 基本的な運用管理作業(データベースユーザの追加、削除、変更方法)」

今回は、Silverの「運用管理 - 基本的な運用管理作業(データベースユーザの追加、削除、変更方法)」からの出題です。

例題

Q. ALTER USERコマンドで変更できないユーザ属性はどれか。1つ選びなさい。
  1. A. ユーザのパスワード
  2. B. ユーザのパスワードが無効になる日時
  3. C. 新しいユーザを作成する権限の有無
  4. D. データベースクラスタに接続する権限の有無
  5. E. データベース内に新しいテーブルを作成する権限の有無

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2018年6月11日

解答と解説

ALTER USERコマンドは、 ALTER USER ユーザ名 オプションの形式で使用し、ユーザの属性や権限などを変更することができます。指定できる属性や権限はCREATE USERで指定できるものと同じです。
オプションで PASSWORDを指定することで、ユーザのパスワードを設定あるいは変更できます。
オプションで VALID UNTILを指定することで、ユーザのパスワードが無効になる日時(タイムスタンプ)を設定あるいは変更できます。
オプションで CREATEROLE あるいは NOCREATEROLEを指定することで、新しいユーザを作成する権限の有無を変更できます。
オプションで LOGIN あるいは NOLOGINを指定することで、データベースクラスタに接続する権限を変更できます。
データベース内に新しくテーブルを作成するには、スキーマに対するCREATE権限が必要ですが、これにはGRANTコマンドを使って権限を付与します。ALTER USERでは設定できません。なお、デフォルトインストールでは全ユーザがpublicスキーマにCREATE権限を持っているため、データベースに接続できれば、誰でもテーブルを作成できます。

従って正解はEです。

PostgreSQLではALTER USERは内部的にALTER ROLEを実行しますので、マニュアルはALTER ROLEの項を参照してください。またオプションの詳細についてはCREATE ROLEの項を参照してください。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ