HOME > 受験対策 > サンプル問題/例題解説 > Silverの例題解説「運用管理」 > 基本的な運用管理作業(VACUUM、ANALYZEの目的と使い方)

Silverの例題解説「運用管理 - 基本的な運用管理作業(VACUUM、ANALYZEの目的と使い方)」

今回は、Silverの「運用管理 - 基本的な運用管理作業(VACUUM、ANALYZEの目的と使い方)」からの出題です。

例題

Q. 次の説明のうち、正しいものをすべて選びなさい。
  1. A. VACUUM はテーブルの排他的ロックを取得する。
  2. B. VACUUM ANALYZE はテーブルの排他的ロックを取得する。
  3. C. VACUUM FULL はテーブルの排他的ロックを取得する。
  4. D. ANALYZE はテーブルの排他的ロックを取得する。
  5. E. 上記はいずれも誤りである。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2018年7月9日

解答と解説

PostgreSQLではUPDATEやDELETEによって不要になったデータは、物理的には削除されず、そのままデータベース内の領域を占有し続けます。VACUUMはこの不要になったデータ領域を回収して再利用可能にするコマンドです。
FULLオプションなしのVACUUMはテーブルの排他的ロックを必要とせず、通常のテーブルの読み書きと並行して実行することができます。VACUUM ANALYZEでは、VACUUMの実行後にテーブルの統計情報を解析するANALYZEコマンドを実行しますが、ANALYZEもテーブルの読み取りロックが必要なだけなので、通常のテーブルの読み書きと並行して実行することができます。ANALYZEコマンドを単独で実行した場合も同じです。
通常のVACUUMはテーブルの削除済みのデータ領域を再利用可能な状態にするだけなので、テーブルを構成するデータファイルのサイズは変わりませんが、VACUUM FULLでは、データの詰め直しを行い、データファイルの物理的サイズを小さくします。この操作にはテーブルの排他的ロックが必要となり、また実行も低速です。

従って正解はCです。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

ページトップへ