PREPARATION
受験対策

Goldの例題解説「パフォーマンスチューニング - 性能に関係するパラメータ」

今回は、Goldの「パフォーマンスチューニング - 性能に関係するパラメータ」からの出題です。

例題

3.01

GUCパラメータの説明として、誤っているものを1つ選びなさい。

  1. shared_bufferは、PostgreSQLサーバが使用する共有メモリバッファのサイズ を設定する。

  2. max_connectionsは、PostgresSQLサーバに接続できる最大クライアント数を 設定する。

  3. work_memは、VACUUM、CREATE INDEXなどの保守作業で使用されるメモリの最 大容量を設定する。

  4. sslをonに設定することでSSL接続を有効にする。

  5. wal_levelは、WALに書き込まれる情報を制御するパラメータである。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

答は C です。

work_memはソーティングやハッシュ操作などが使用するメモリ容量を指定するパラメータでデフォルトは1MBとなっています。複雑な問い合わせの場合、実行中のセッションが複数ある場合など、work_memの数倍のメモリが使用されることになる点に注意が必要です。
VACUUMやCREATE INDEXなどの保守操作で使用されるメモリ容量はmaintenance_work_memで指定します。maintenance_work_memのデフォルト値は16MBとなっています。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格