PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説
「S2.5 基本的な運用管理作業(自動バキュームの概念と動作)」

今回は、Silverの「S2 運用管理 - S2.5 基本的な運用管理作業(自動バキュームの概念と動作)」からの出題です。

例題

2.51

自動バキュームについて適切な記述を2つ選びなさい。

  1. 自動バキュームは定期的に起動され、データベース内のすべてのテーブルについてバキューム処理を実行する。

  2. 自動バキュームを実行しなくても データベースを運用することは可能だが、実行することが強く推奨されている。

  3. 自動バキュームを実行する設定の場合、手作業のバキューム処理は実行しない方が良い。

  4. 自動バキュームはデータベースの負荷が比較的小さい時にのみ起動する。

  5. 自動バキュームはバキューム(VACUUM)だけでなく、ANALYZE処理も自動的に実行する。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2015年3月10日

解答と解説

自動バキュームは、常時存在する自動バキュームランチャというデーモンから、自動バキュームワーカが定期的に起動されることで実行されます。一定時間おきに自動的に起動され、サーバの負荷状況などは考慮されません。自動バキュームはVACUUMとANALYZEの処理を行いますが、処理の対象となるのは更新の量が一定のしきい値を超えたテーブルだけです。
自動バキュームはデフォルトで実行されるよう適切な設定がされており、PostgreSQLの開発グループもこれを実行することを強く推奨しています。
自動バキュームを実行していれば、手作業でバキュームを実行する必要性は低くなりますが、大量のデータを更新あるいは削除した直後など、バキュームの実行が望ましい場面はあります。

従って、正解はBとEです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格