PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「運用管理 - バックアップ方法(各種バックアップコマンドの使い方)」

今回は、Silverの「運用管理 - バックアップ方法(各種バックアップコマンドの使い方)」からの出題です。

例題

1.61

次のコマンドについて正しい説明を2つ選びなさい。

pg_dump -s -U abc -f def ghi

  1. スーパーユーザーabcでデータベースに接続する。データベースファイルは上位互換性があるので、PostgreSQL 10の環境でコピーしたファイルをPostgreSQL 11の環境にリストアして使用できる。

  2. データベース内のデータはダンプされない。

  3. ダンプは標準出力に出力される。

  4. テーブルdefがダンプされる。

  5. データベースghiに接続する。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2019年4月1日

解答と解説

pg_dumpはデータベースのバックアップを作成するユーティリティです。
数多くのオプションがあり、目的に応じて様々なバックアップを作成することができます。
-sはデータ定義のみをダンプし、データをダンプしないオプションです。テーブル定義だけを他のデータベースに移行したい場合などに有効です。
-Uはデータベースに接続するユーザを指定するオプションで、この場合、abcというユーザで接続することになりますが、スーパーユーザーとは限りません。
-fは出力ファイルを指定するオプションで、この場合、defというファイルにダンプ結果が出力されます。-fオプションがなければ、標準出力に出力されます。
コマンドラインの最後に接続先のデータベース名を指定できます。この場合、ghiというデータベースに接続します。

従って、正解はBとEです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格