PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「運用管理 - インストール方法(テンプレートデータベース)」

今回は、Silverの「運用管理 - インストール方法(テンプレートデータベース)」からの出題です。

例題

1.93

テンプレートデータベースの説明として適切なものを3つ選びなさい。

  1. テンプレートデータベースを新たに作成するには CREATE TEMPLATE DATABASE コマンドを実行する。
  2. 作成済みの通常のデータベースを ALTER DATABASE コマンドでテンプレートデータベースに変更することができる。
  3. テンプレートデータベースに、テーブルやビューを新たに追加することはできるが、データをINSERTにより追加することはできない。

  4.  テンプレートデータベースは、DROP DATABASEで削除できない。

  5.  テンプレートデータベースの所有者が誰であっても、CREATEDB権限のあるユーザはそれを複製できる。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2019年2月12日

解答と解説

PostgreSQLではOSコマンドのcreatedb、あるいはSQLコマンドのCREATE DATABASEでデータベースクラスタ内に新しいデータベースを作成することができますが、このとき、内部的にはテンプレートデータベースの複製が行われます。インストール時にはtemplate0とtemplate1の2つのテンプレートデータベースが存在し、データベース作成時にテンプレートデータベースの指定を省略したときはtemplate1が使用されます。
template0は読み取り専用の特殊な属性が設定されていますが、テンプレートデータベースは誰でもそれをCREATE DATABASEでのテンプレートとして指定できる(つまり、CREATEDB権限があれば、それを複製できる)という点が通常のデータベースと異なるだけで、データ更新については通常のデータベース と全く同様に扱われます。ただしデータベースの削除(DROP DATABASEについては制限があり、IS_TEMPLATEの属性をFALSEに変更(つまり通常 のデータベースに変更)しなければ削除できません。
テンプレートデータベースを作成するには、CREATE DATABASEコマンドの実行時にIS_TEMPLATEをtrueに指定します。また、ALTER DATABASEコマンドでIS_TEMPLATEをtrueあるいはfalseに指定することで、通常のデータベースをテンプレートデータベースに変更すること、あるいはその逆が行えます。CREATE TEMPLATE DATABASEというコマンドはありません。

したがって正解はB、D、Eです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格