PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「運用管理 - 標準付属ツールの使い方(createuser/dropuser)」

今回は、Silverの「運用管理 - 標準付属ツールの使い方(createuser/dropuser)」からの出題です。

例題

1.95

サーバー pgserver のポート番号 5432 上で動作している PostgreSQL データベースに新しいユーザ john を作成し、データベース作成権限を付与したい。
次のコマンドの下線部で間違っているオプションはどれか。
なお、createuser を実行しているユーザには、適切なアクセス権限があるものとする。
createuser -h pgserver -p 5432 -d -U john
^^ ^^ ^^ ^^
①     ②   ③ ④

  1.  間違っているオプションはない。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2019年8月14日

解答と解説

データベースユーザを作成するには、権限のあるユーザでデータベースに接続し、SQL の CREATE USER を発行します。
PostgreSQL は OS のコマンドラインから実行する createuser コマンドを提供しており、これは、内部的にデータベースに接続し、CREATE USER(正確には CREATE ROLE)を実行します。
データベースに接続するためには、接続先のデータベースが稼働しているホスト名、ポート番号、接続に使用するユーザ名などを指定します(省略した場合はデフォルト値が使用されるので、必ずしも指定しなければならないわけではありません)。
接続先ホストは -h オプション、ポート番号は -p オプションで指定します。接続ユーザ名を指定するには -U オプションを使います。
また、ユーザを作成するには、作成するユーザ名、付与する権限などを指定します。
作成するユーザ名は、オプションを付けずにコマンドの最後に指定します。付与できるデータベース権限には、スーパーユーザ権限、データベース作成権限、ユーザ作成権限がありますが、データベース作成権限を付与するには -d オプションを指定します。
例題のコマンドでは、ホスト名(-h)、ポート番号(-p)、データベース作成権限(-d)は正しく指定されていますが、-U john はデータベースに john で接続することを指定する意味になってしまうので、間違っています。"-U" を消せば正しいコマンドになります。


従って、正解はDです。


データベース接続に使用するオプションは、psql や createdb など、他のクライアントコマンドでも共通なので、まとめて覚えておきましょう。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格