PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「運用管理 - バックアップ方法(COPY文、¥copyコマンドの使い方)」

今回は、Silverの「運用管理 - バックアップ方法(COPY文、¥copyコマンドの使い方)」からの出題です。

例題

1.104

SQLとして実行するCOPYについて、誤っているものを1つ選びなさい。

  1. pg_dump コマンドでテーブルのバックアップをテキスト形式で取得すると、テーブルのデータ部分はCOPYの実行文として出力される。
  2. psql で実行するメタコマンドの ¥copy は、内部的にSQLのCOPYを呼び出す。
  3. テーブルについて COPY FROM を実行するには、そのテーブルの INSERT 権限が必要である。

  4. テーブルについてCOPY TO を実行するには、そのテーブルの SELECT 権限が必要である。

  5. 特にオプションを指定しなければ、CSV形式のファイルで入出力を行う。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2020年5月13日

解答と解説

COPYはファイルとテーブルの間でデータのコピーを行うコマンドで、
COPY テーブル名 FROM ファイル名
COPY テーブル名 TO ファイル名
などの形式で使用します。


なお、コマンドの処理はデータベースサーバ上で実行されるため、ファイル名を指定する場合はサーバ上の絶対パスで指定する必要があり、かつ実行にはデータベースの管理者権限が必要です。


ファイル名には標準入出力を FROM STDIN、TO STDOUT として指定することもでき、この場合は対象となるテーブルについて適切な権限だけあれば実行することができます。COPY FROMはファイルからテーブルにコピーする、つまりテーブルにINSERTするのと同等の処理が行われるため、テーブルのINSERT権限が必要です。COPY TOの場合は、テーブルからファイルにコピーする、つまりテーブルからSELECTするのと同等の処理ですから、SELECT権限が必要です。


COPYで入出力されるファイルは、デフォルトではタブ区切りになっています。カンマ区切りにするには、FORMAT csv というオプションを指定する必要があります。


pg_dump コマンドは特にオプションを指定しなければ、テキスト形式でバックアップを出力しますが、このファイルをテキストエディタで開いてみましょう。テーブルの構造は CREATE TABLE として出力され、テーブルのデータは COPY FROM stdin の形式で出力されているのがわかります。
psql には ¥copy というメタコマンドがあります。内部的に SQL の COPY を実行し、これを標準入出力とつなぐラッパーとして実現されています。


誤っているものを選ぶ問題なので、正解はEです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

企業の基幹システムや業務システムでの OSS-DBの採用がますます拡大している中、 昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定です

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

関連資格