PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「運用管理 - 設定ファイル(postgresql.conf)」

今回は、Silverの「運用管理 - 設定ファイル(postgresql.conf)」からの出題です。

例題

1.117

設定ファイルpostgresql.confの記述方法の説明として、適切なものを3つ選びなさい。

  1. 論理値型のパラメータでは、on や off を値に使うが、on の代わりに t、y、1、offの代わりにf、n、0などを使うことができる。
  2. 時間を指定するパラメータの値の単位は秒がデフォルトだが、100msや1minなどのように明示的に単位を指定することも可能である。
  3. メモリの量を指定するパラメータの値の単位はキロバイトがデフォルトだが、100MB、1GBなどのように明示的に単位を指定することも可能である。

  4. 数値を指定するパラメータの値は10進数で指定するが、0xで始まるものは16進数、0から始まるものは8進数として解釈される。

  5. 文字列を指定するパラメータの値は、単一引用符で括るが、値の中に単一引用符が含まれる場合は、例えば 'don''t' のように引用符を2つ続ける。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2021年9月8日

解答と解説

postgresql.confで設定するパラメータは、論理値型、数値型、文字列型、列挙型に分類できます。パラメータの名前は大文字と小文字を区別しませんが、値は大文字と小文字が区別されるものがあるので注意してください。

論理値型は値として on, off, true, false, yes, no, 1, 0 を取ることができ、さらに曖昧でないことが条件に、これらの先頭の1文字以上をすることができます。曖昧でないというのは、o の1文字だけだと on なのか off なのかわからないので不可ですが、t や f は true/false の先頭1文字であることがわかるので、1文字だけの指定でも良い、ということです。論理値型は値の大文字と小文字を区別しないので、TやNなど大文字で指定することも可能です。

数値型は、単位のない数を指定するものもあれば、メモリの量や時間など単位付きの値を指定するものもあります。メモリ量であれ時間であれ、デフォルトの単位はパラメータの種類によって異なり、単位なしに数値だけを指定した場合は pg_settings.unit で定義された単位が採用されますが、メモリ量は B, kB, MB, GBなど、時間は ms, s, min, h, d などを数値の後につけることで、デフォルトと違う単位で指定することが可能です。

整数値を指定するパラメータは10進数だけでなく、0xで始まる16進数、0で始まる8進数の表記で指定することもできます。

文字列を指定するパラメータは、単一引用符で括り、値に単一引用符が含まれる場合は、単一引用符を2つ続けます。これはSQLでの文字列の指定方法と同じです。

したがって正解はA、D、Eです。

設定ファイルの記述方法については https://www.postgresql.jp/document/12/html/config-setting.html を参照してください。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの OSS-DBの採用がますます拡大している中、 昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定です

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

関連資格