PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「運用管理 - 設定ファイル(postgresql.conf)」

今回は、Silverの「運用管理 - 設定ファイル(postgresql.conf)」からの出題です。

例題

1.118

IPアドレス192.168.1.11のホストで稼働するPostgreSQLサーバで、IPアドレス192.168.1.51のクライアントからの接続を受け付けたい。
postgresql.confに記述する行として適切なものを2つ選びなさい。

  1. listen_addresses = ''
  2. listen_addresses = '*'
  3. listen_addresses = 'localhost'

  4. listen_addresses = '192.168.1.11'

  5. listen_addresses = '192.168.1.51'

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2021年10月6日

解答と解説

PostgreSQLでTCP/IPネットワーク経由での接続を受け付けるためには、postgresql.confの設定などが必要です。このときに重要なパラメータがlisten_addressesとportです。

PostgreSQLサーバはlisten_addressesで指定したネットワークインタフェース上のportで指定したポート番号への接続を監視します。ネットワークインタフェースとしては自ホストのホスト名あるいはIPアドレスを指定しますが、* を指定すると利用可能なすべてのインタフェースを監視しますので、通常は listen_addresses = '*' と指定すれば良いです。
複数のネットワークインタフェースを持ち、そのうちの特定のインタフェースでの接続のみを許可したい場合は、そのインタフェースの名前またはIPアドレスを指定します。

listen_addressesの指定がない、あるいはlocalhostの場合には、自ホスト内のクライアントからの接続のみを受け付けます。他のホストのIPアドレスを指定すると、恐らくはソケット作成のエラーが発生してデータベースサーバが起動しないでしょう。

listen_addressesでは接続元クライアントについての制約をつけること、例えば192.168.1.51からは接続可能だが192.168.1.101からは接続不可、というような設定はできません。これはpg_hba.confを適切に設定することで実現します。

したがって正解はBとDです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの OSS-DBの採用がますます拡大している中、 昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定です

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

関連資格