PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「運用管理 - バックアップ方法(ファイルシステムレベルのバックアップとリストア)」

今回は、Silverの「運用管理 - バックアップ方法(ファイルシステムレベルのバックアップとリストア)」からの出題です。

例題

1.121

LinuxホストX上でPostgreSQL 12.4が稼働している。データベースサーバを停止し、PGDATAのディレクトリをtarコマンドでバックアップし、別のLinuxホストYにコピーして展開した。ホストYでPostgreSQLを稼働させるとき、コピーしたデータベースをそのまま利用するための条件として最も適切なものはどれか。

  1. PostgreSQLのバージョンがホストXと同じ12.4である必要がある。
  2. PostgreSQLのメジャーバージョンが12、マイナーバージョンが4以上であれば良い。
  3. PostgreSQLのメジャーバージョンが12であれば、マイナーバージョンは4以上でも4未満でも良い。

  4. PostgreSQLのメジャーバージョンが12以上であれば良い。

  5. Linux上で動作するPostgreSQLであれば、バージョンは何でも良い。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2022年1月5日

解答と解説

ファイルシステムレベルのバックアップ(物理バックアップ)は最も基本的なバックアップ戦略ですが、データベースサーバのプロセスを停止する必要があります。バックアップを取得するコマンドについては特に制限がなく、OS付属のtarコマンドなどを使用することができます。

取得したバックアップは、サーバがクラッシュしたときなどのためのバックアップとしての用途の他、別のホスト上でコピーを動作させるために使うことができます。

PostgreSQLのデータベースを構成するファイルには、データベースのメジャーバージョンへの依存があります。例えばメジャーバージョンアップを行うにはデータベースファイルをそのまま使用することはできず、pg_dumpなどSQLレベルのバックアップを使用するか、データ移行用のユーティリティを使う必要があります。一方で、メジャーバージョンが同じ時にはデータベースファイルに互換性があるため、例えばマイナーバージョンアップの場合はデータベースのプログラムをインストールするだけで済みます。これはバージョンアップの場合に限った話ではなく、物理バックアップを利用して他のホスト上でデータベースサーバを稼働させる場合も同じです。すなわち、バージョン12.4の環境で取得した物理バックアップは、メジャーバージョンが12のPostgreSQLサーバ上であれば、マイナーバージョンを問わず使用することができます。

従って正解はCです。
 

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの OSS-DBの採用がますます拡大している中、 昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定です

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

関連資格