PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「運用管理 - バックアップ方法(ポイントインタイムリカバリ(PITR)の概念と手順)」

今回は、Silverの「運用管理 - バックアップ方法(ポイントインタイムリカバリ(PITR)の概念と手順)」からの出題です。

例題

1.122

ポイントインタイムリカバリ(PITR)のベースバックアップ取得の手順として間違っているものを選びなさい。

  1. WALアーカイブを有効にする。
  2. データベースに接続し、pg_start_backup を実行する。
  3. データベースサーバを停止する。

  4. tar コマンドでデータベースクラスタ全体のコピーを取得する。

  5. データベースに接続し、pg_stop_backup を実行する。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2022年2月2日

解答と解説

ポイントインタイムリカバリ(PITR)は開始点となるデータベースの状態(ベースバックアップ)と、それ以降のデータベースへの変更(WAL)を使って、継続的にデータベースのバックアップを取得し、必要なときはデータベースを任意の時点に復元できる方法です。

利用にあたっては、まずWALファイルを保管するWALアーカイブの機能を有効にする必要があります。ベースバックアップの取得は、pg_basebackup コマンドを使うのが簡単ですが、内部的に何を実行しているのかは理解しておきましょう。pg_basebackupを使わない場合は、次の手順になります。

まず、データベースに管理者ユーザで接続し、pg_start_backupを実行します。具体的には SELECT pg_start_backup('label', false, false); のようなSELECT文を実行します。

次に、tar や cp など、OSで利用できる任意のコマンドを使って、データベースクラスタ全体のコピーを作成します。注意すべきこととして、コピー時にデータベースサーバを停止させないこと、pg_dump や pg_dumpall などのPostgreSQLのバックアップコマンドではなく、ファイルを物理的にコピーするコマンドを使うことがあります。データベースを停止しないので、コピー中にデータベースファイルが書き換えられてしまう可能性がありますが、それでもベースバックアップとして機能するので心配しなくて大丈夫です。

コピーが終わったら、再びデータベースに管理者ユーザで接続し、pg_stop_backup を実行します。

間違っているものを選ぶ問題なので、正解はCです。

PITRを使うには、Dのステップで作成されるベースバックアップを保管することはもちろん重要ですが、Aのステップで設定したWALアーカイブを継続的に保管することも同じく重要で、この両方がなければ意味を成さないことに注意してください。
 

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定です

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

関連資格