PREPARATION
受験対策

Silverの例題解説「運用管理 - 基本的な運用管理作業(自動バキュームの概念と動作)」

運用管理 - 基本的な運用管理作業(自動バキュームの概念と動作)」からの出題です。

例題

1.129

自動バキュームの説明としてもっとも適切なものを3つ選びなさい。

  1. すべてのテーブルに対して一定時間ごとにVACUUM処理が実行される。
  2. データの更新量が一定の基準より大きくなったテーブルについてVAUUMを実行する。
  3. データベースの負荷が低い時間帯にのみ実行されるような工夫がされている。

  4. 同時に多数のVACUUMが並行して実行されないような工夫がされている。

  5. 一時テーブルは自動バキュームの対象外なので、必要ならVACUUMを実行するためのSQLを発行しなければならない。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。
例題公開日:2022年9月14日

解答と解説

自動バキュームはVACUUMとANALYZEの実行を自動化することを目的としたもので、これを有効にすることが強く推奨されています(デフォルトで有効になっています)。収集された統計情報に基づき、データの挿入・更新・削除の量が一定の基準より大きくなったテーブルについて、VACUUMおよびはANALYZEを実行します。ただし、一時テーブルは自動バキュームの対象外なので、VACUUMまたはANALYZEの処理が必要なら、個別にSQLコマンドを発行します。

自動バキュームが有効な場合、自動バキュームランチャープロセスがシステムに常駐し、ここから一定時間おきに自動バキュームワーカープロセスが起動されます。ワーカープロセスはデータベース内のテーブルを検査し、更新量が大きいテーブルについてVAUUMおよびANALYZEを実行します。

自動バキュームによるシステム負荷を管理するため、autovacuum_max_workersというパラメータがあり、これで指定した個数を超えるワーカープロセスは起動しないようになっています。

従って正解はB、D、Eです。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。
採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定です

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

関連資格