PREPARATION
受験対策

Goldの例題解説「障害復旧 - 破損クラスタ復旧」

今回は、Goldの「障害復旧 - 破損クラスタ復旧」からの出題です。

例題

4.01

システムカタログのインデックスに関する説明として、適切ではないものを1つ選びなさい。

  1. 共有システムカタログのインデックスは$PGDATA/global内に作成される。

  2. システムカタログのインデックスが破損している場合、サーバプロセスが起動時に強制終了する可能性がある。

  3. システムカタログの読み込み時にシステムインデックスを無視するにはGUCパラメータのignore_system_indexesを利用する。

  4. インデックスの破損範囲が不明な場合に、データベースの全てのシステムインデックスを再構成するためのSQLコマンドはREINDEX SYSTEMである。

  5. 共有システムカタログのいずれかのインデックスが破損した可能性がある場合は、必ずスタンドアロンサーバを使用して修復しなければいけない。

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

システムカタログには、テーブルや列の情報等のスキーマメタデータや内部的な情報が格納されています。システムカタログの大半はデータベースを作成する時にテンプレートデータベースからコピーされ、データベース固有のものとなります。
また、一部のシステムカタログは、共有システムカタログとしてデータベースクラスタ内の全てのデータベースで共有されます。共有システムカタログはpg_globalテーブル空間に作成され、pg_globalテーブル空間はPGDATA/globalと対応するため、各オブジェクトはPGDATA/global配下に格納されることになります。

システムカタログのインデックスが破損している場合、サーバプロセスが起動時に強制終了する可能性があります。破損を復旧するためには、まずは破損したインデックス自体を使用しないようにする必要があります。

GUCパラメータのignore_system_indexesをONにすると、システムカタログの読み込み時にインデックスが読み込まれないようになります。このパラメータはinitdb時に作成されるpostgresql.confには記載されていないため、新たに追記する必要があります。

その後は、SQLコマンドであるREINDEX SYSTEMを利用すれば、共有システムカタログも含めたシステムカタログに対する全てのインデックスが再作成されます。

また、破損したインデックス自体を使用しない方法として、システムインデックスを無視する起動時のパラメータ-Pを利用してスタンドアロンサーバを使用する方法もあります。

正解:E

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格