PREPARATION
受験対策

Goldの例題解説
「障害対応 - 起こりうる障害のパターン」

今回は、Goldの「障害対応 - 起こりうる障害のパターン」からの出題です。

例題

4.08

共有メモリが不足して、サーバがダウンしてしまった時の対策として正しいものは次のうちどれか。

  1. maintenance_work_memで適切なメモリ領域を設定する

  2. shared_buffersで適切なメモリ領域を設定する

  3. autovacuum_work_memで適切なメモリ領域を設定する

  4. pg_resetwalを用いてWALファイルを整合性のある状態に復旧し、PostgreSQLを起動する

  5. work_memで適切なメモリ領域を設定する

※この例題は実際のOSS-DB技術者認定試験とは異なります。

解答と解説

正解は「B. shared_buffersで適切なメモリ領域を設定する」です。

shared_buffersは、データベースサーバが使用する共有メモリバッファのために使用するメモリ量を設定できます。
デフォルトでは、128MBに設定されています。
サーバ/OSが利用できるメモリ以上の値をshared_buffersに設定しているとサーバがダウンしてしまう原因になるので、適切な値に設定するようにしましょう。

それぞれの選択肢について説明します。

A. maintenance_work_memで適切なメモリ領域を設定する
誤っています。
maintenance_work_memは、VACUUM、CREATE INDEX、およびALTER TABLE ADD FOREIGN KEYの様な保守操作で使用されるメモリの最大容量を指定します。
デフォルトでは、64MBに設定されています。

B. shared_buffersで適切なメモリ領域を設定する
正解です。

C. autovacuum_work_memで適切なメモリ領域を設定する
誤っています。
autovacuum_work_memは、個々の自動バキュームワーカプロセスが使用する最大のメモリ量を指定します。

D. pg_resetwalコマンドを用いてWALファイルを整合性のある状態に復旧し、PostgreSQLを起動する
誤っています。
pg_resetwalコマンドは、トランザクションログファイル(WALファイル)が破損/消失した場合の復旧方法です。

E. work_memで適切なメモリ領域を設定する
誤っています。
work_memは、一時ディスクファイルに書き込む前に、ソートやハッシュ操作などで、バックエンドごとに確保されるメモリ量を設定できます。

今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問をお寄せ下さい。

※試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

企業の基幹システムや業務システムでの
OSS-DBの採用がますます拡大している中、
昇格・昇給・就職・転職に必ず役立つ認定資格になります

OSS-DBの受験対策について

受験の学習をサポートする情報や対策に役立つ情報をご紹介

サンプル問題/例題解説

例題 のアーカイブを試験ごとにまとめています。OSS-DB技術者認定試験の学習にお役立てください

学習教材・教育機関のご紹介

OSS-DB認定教材や教育機関について詳しくご説明いたします。

無料技術解説セミナー

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

OSS-DB道場

受験準備をされていらっしゃる方々を対象に、無料技術解説セミナーの日程をお知らせしています。

LPI-Japan
Platinum Sponsors

関連資格